テニス サーブ

ストローク

ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

目次

もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。

男子は錦織選手はもちろん、予選に出場している選手の結果も気になりますね。

男子選手はもちろん、女子選手も最近はベースラインから鋭いショットを打つストローク主戦の選手が増えてきましたが、

芝のコートの上では低く滑るスライスを見かける機会も多くなります。

そこで今回は、よりプロのスライステクニックを参考にすべく、改めてそのメリットをまとめてみたいと思います!

 

ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

 


 

1.球速を抑えて「時間を作る」ことができる

スライスの一番の特性と言えば、その球速の遅さ。

回転量によって、フラット気味に早くすることもできますし、スピードのコントロールがしやすいことが大きなメリットです。

一昔前の芝のコートで良く見受けられたスライスからのアプローチ、ネットプレーの流れは、ボールの球速を抑えて飛んでいるうちに、自分がネットまで移動できるというメリットがあります。

相手はボールを追いかけてネットに出てくる=重なって見える為、かなりの威圧感を感じることになりミスを誘発することができます。

他にも全仏オープンでもよく見られたように、コート外に追い出された際に返球して戻る時間を稼げるのもメリット。

守備的な面、攻撃的な面を、球速を抑えることでコントロールしていきましょう。

2.「浅いボール」をキャッチする際に、有効な選択肢が増える

浅いボールと聞いて、皆さんはどうイメージするでしょうか。

チャンス、と思うのか、前に引っ張り出された・・・と感じるのか。

この両者で大きく差ができてしまう背景には、スライスショットの技量の差があると考えられます。

スライスが打てれば浅いボールをドロップショット、ダブルスであれば上に上げるロブ、深いアプローチと、最低でも3パターンを即座にイメージして選択することができます。

もちろんバウンドが高いチャンスボールであれば打ち込んでOKですが、実際のテニスの試合で圧倒的に多いのはネットよりも低い位置で打たされるボール。

これにしっかり対処する為には、スライスのメリットを活かすのが一番です。

3.「体力」を温存できる

意外と知られていませんが、ラケットを下から上に振る動作の何倍も、上から下に振る動作は楽です。

もちろんそれには、重力が関係しています。

そして最新のラケットは汎発性の優れた素材で出来ていますので、重力+ラケットの重さで十分にボールを飛ばすことができます。

シングルスの試合はもちろん、ダブルスの試合でも3セットマッチになりさらにトーナメントを勝ち抜くとなると、この省エネ技術を習得しない手はありません。

言い方を変えれば、スライスで勝てる相手にはスライスで勝っておく、こともテニスにおいては大事な作戦なのです。

4.「サイドスピン」で相手をコートの外に追い出せる!

これが、最もお勧めの理由です。

スライスはボールの横を捉えることに適したショットですので、ボールに対して斜め横の回転をかけるのが非常に楽です。

低いボールはラケットヘッドを下げ気味に、高いボールはヘッドを立てて、というコツを覚えると、スピンでショートクロスのショットを狙うよるも楽に相手をコートの外に追い出すことが可能です。

ダブルスでもシングルスでも非常に使えるショットで、浅いボールからの展開の相性も抜群!

ドロップショット気味のショートクロスが打てるようになると、あなたのテニスの幅はグッと拡がるでしょう。

5.「スライスサーブ」こそ、スライスのメリットを凝縮したショット

スライスのメリットをいくつか挙げてきましたが、「時間を作る」「色々なショットが打てる」「省エネ」「バウンド後の回転で相手を追い出す」この全てを凝縮したのが、スライスサーブです。

サーブ&ボレーに行く時間も稼げますし、回転量を変えることでエースも狙える、更には力を伝えやすいのでサーブも打ちやすい。

そして何よりコートから相手を追い出すワイドへのサーブも打てる。

更にもう一つ!

バウンド後に滑るボールで、リターンの打点を低くすることができるのも大きなメリットです。

低い打点からのリターンは、実に嫌です。

特に高い打点を得意とするスピンでハードヒットしてくるような相手には、効果的ですね。

 

テニスにおいて実に地味で、少し年寄り臭さも感じてしまうかもしれない「スライス」。

私自身も、20代のうちまではあえて打たない、打ちたくないショットでした。

しかし、年齢と共に身体も変化し体力も変化してくれば、ボールのスピードと軌道をコントロールすることは不可欠です。

そこには実に、奥深い世界が待っています。

ウィンブルドンでプロ選手が見せる技に酔い、参考にできる部分をぜひあなたのテニスに取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある…

  2. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習していこう

    初心者の方がバックハンドに行き詰るとき。それは、「入れないと・…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?

    ストロークで腰が引けてしまう人、多くない?そういう俺も腰が引け…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

    ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。…

  5. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

    試合の中で、相手のボールが深く入って来る。このプレッシャーっ…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

    ネットに出て来た相手には、足下を狙う。テニスにおける鉄則ですよ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整し…
  2. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです
  3. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
  4. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる…
  5. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで
PAGE TOP