テニス 戦術

ダブルス

ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。

そこで、しっかりと詰めていくことは、大事な戦術。

女子ダブルスの方は、どうしても躊躇してしまうポイントだと思うんですが、私はありだと思います。

上手くパートナーがバランスを取りながら、コートの8割くらいをカバーすれば良い。

アクセントを付けた作戦は、テニスの試合では必要です。

 

ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

 

1.セオリー通り、だけだと勝てない

あえて、リスクを冒していく。

これは、特に強い相手や格上の選手、ペアを相手にしたときには必要。

私はそう考えています。

粘るポイントがあって良いように、思い切ってセオリーを無視して前に詰めてみる。

クロス方向の選手、が前に詰めるようなポイントってなかなか無いじゃないですか。

並行陣と見せておいて、実はファーストボレーの後に後衛の選手がどんどん前に詰めていく。

こういうポイント、があっても良いと思いますよ。

 

2.前衛と後衛がプレー中に変わっていくのがテニス

テニスの試合、前衛と後衛の選手はどんどん変わっていく。

後衛が前衛に、前衛が後衛に、役割がポジションによって変わっていくんです。

今回のケースだと、クロス方向の選手、つまり後衛の選手がどんどん前に詰めて前衛の選手に変わっていく。

その代わりに、カバーするように前衛の選手は少し下がりながら、全体、コートの後方をカバーしていく。

サービスライン、T字の真ん中、くらいまで下がるのも有りでしょう。

前に詰めていく選手を作って、後ろをカバーする選手も作る。

こういう作戦、ポイント、ダブルスの試合で作ってみて良いと思いますよ。

 

3.相手に動かされるのじゃなく、自分たちから動く

大事なのは、この意識です。

相手に動かされる、前に自分たちから動いて主導権を握る。

後衛の選手は下がらされる、のじゃなく、自分から下がってロブを待ち構える。

前に詰めるのは、自分の意志で詰めていく。

この意識が無いと、どうしてもテニスの試合って受け身になるんですよね。

それで勝てるのは、格下か同等の選手のみ。

上の選手に勝ちたければ、やはり自分たちから動いて試合を動かしていかないとですね。

 

4.クロス方向への詰め、がなぜ必要なのか。

並行陣で、ガンガンクロス方向に沈められる。

こういうストローク、リターンが上手い選手、多いですからね。

どこかで鼻を折らないと。

クロス方向に沈めるスローカー、にスペースを与えない。

ネットにド詰めすることで、相手に「こういうことも、してくるんだな・・・」と思わせる。

普通にやって勝てないなら、普通じゃないことをやらないと。

ポーチボレーもそうですが、相手に気持ち良くクロス方向に打たせない、のはダブルスの鉄則です。

 

試合の中で、とにかく相手が嫌がること、を意識しましょう。

気持ち良く打たれている、うちは絶対にしんどい。

クロス方向にリターン、ストローク、をいかに気持ち良く打たせないか。

もちろん前衛の仕事でもありますが、ストレートへ抜かれることが多いようなケースでは、並行陣でこれを使っていきましょう。

女子ダブルス、で壁を感じている方にもお勧めです!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

    ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  4. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

    硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。それが雁行陣…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!
  2. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れるこ…
  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
  5. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう…
PAGE TOP