テニス 書籍

テニス知識

テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。

ですので、直接誰かを指導する立場にはありませんが・・・このサイトを更新していくうえで、イメージしていることがあります。

それは、テニスの部活を頑張る学生の皆さん、社会人になっても試合に出続ける一般の皆さんや、シニア・ベテランプレイヤーの皆さん。

まるで、このT-PRESS自体が一つのチームのような、そんな感覚も大事にしているつもりです。

すごく、おこがましいんですが・・・。

でも、まだまだ努力が足りませんが、現場でテニスを教えているコーチや教師皆さんに負けないくらい、私も頑張っているつもりです。

そんな皆さんにも、ぜひ読んで頂きたいのが今回ご紹介する「チームスポーツに学ぶボトムアップ理論(著:畑 喜美夫)」です。

 

テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

 

1.「ボトムアップ理論」とは?

聞いたことがある、という方も多いと思います。

私自身、実は学生時代にも少しだけ勉強したことがあります。

それも、大学のテニス部自体が指導者もおらず、自然と自分たちで主体的に練習、運営していかないといけない自然な「ボトムアップ」な環境だったから。

ボトムアップ、とは文字通り「選手が主役で、選手が主体」で運営していく組織の在り方、の方法論。

まさにこのT-PRESS、のサイトと概念は同じなんです。

 

2.読者の皆さんが主役、で運営しています

何せ、私自身、皆さんにテニスを教えることは出来ません。

その実力も無いでしょうし、機会も今は無いのですから。

みなさんにヒント、となるような投げかけだけを行って、言い方は悪いですが「あとは宜しく!」な状態。

まぁ・・・見る人が見れば、酷いでしょうね。

でも、これが私は大事なこと、だと思っています。

読者、つまりは選手の皆さんが主体となって、問題を解決していく。

この「チームスポーツに学ぶボトムアップ理論」の中では、高校のサッカー部監督としての著者、畑喜美夫先生の視点で、いかに生徒主体で部活動を運営して勝てるチームになっていくのか、が大きなテーマとして描かれています。

 

テニス 書籍

出典:amazon

 

練習メニュー決めから試合での戦術、メンバー選手まで選手自体が主体的に行う。

そんな高校サッカーのチーム、すごく素敵じゃないですか?

 

3.自分でやるから、自分で納得出来る

テニスの試合でも、どこか試合が「他人事」になっている人多くないでしょうか。

「言われた通りにやったんだから、負けたらコーチのせい」なんて気持ち、どこかにありませんか?

これだと、成長は無いし、きっと卒業したらテニスを辞めてしまう。

すごく・・・悲しいことです。

畑先生が推奨する「ボトムアップ理論」は、すごくシンプル。

自分たちで決め、質の高い練習をして練習以外の時間を大切にする、そして試合でも勝てるチームを自分たちで作っていく、というもの。

ぜひ、テニスコーチや部活、サークル、チームのリーダーの方に読んで欲しい内容が詰まっている名著です。

 

本書では、私が伝えたいこと、理想の部活像をすごく具体的に表現してくれています。

ボトムアップ、テニスだけじゃなくて実は会社で働くビジネスマンの方、子育てに悩んでいる主婦の方にも必要な視点だと思います。

テニスを通じて、こういう理論に触れて成長出来るのも、とても幸せですよね。

お時間のある方は、ぜひ読んでみて欲しい一冊です。

 

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要なのか?

    全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。ですが敗退…

  2. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

    テニスの試合に遠征、合宿などで行くときに、悩ましい問題・・・みなさんは…

  3. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  4. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

    秋、試合が多い時期は季節の変わり目。みなさんは、試合のときにど…

  5. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習しているときに、必要なマナー5つ

    皆さんも、外でテニスコートを借りて練習する機会、あると思います。…

  6. テニス知識

    テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

    「普段、ネタはどこから仕入れてますか?」と、お寿司屋さんみたいなご質問…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバックが理解出来ていない人は、いつまで経っても「差し込まれた状…
  2. ストローク

    「取らせるロブ」を身に付けることでネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
PAGE TOP