テニス 皮膚

テニス知識

テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「Protect J1」

テニスの試合、練習が続いていくと、皆さんどこか身体に支障をきたしてくる、怪我も多くなりますよね。

怪我・・・とまで言えなくても、私は足裏の皮膚が弱いせいか、すぐにマメが出来たり皮膚が剥がれたりを繰り返しています。

もうこれは、仕方ないことかな・・・と思ってたんですが、トライアスロンをやっている知人から紹介されたあるクリームが、すごく効いたので今回はご紹介。

まだあまり、テニスで使っている人は見ないんですが、トレイル系スポーツ、アウトドアではヘビーユーザーが多い商品みたいです。

 

テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「Protect J1」

 

1.足裏をやさしく保護する「Protect J1」

手のひらにはハンドクリーム、でも足裏には・・・?

私はいつも、悩んでました。

とにかく試合が終わったらすぐにソックスを脱いで乾燥させて、なるべく蒸れないように注意する。

それでも、長い試合が続くとすぐに皮膚がはがれたり、マメが出来たり・・・の繰り返し。

でも、このクリームを塗るようになってから、明らかに皮膚が痛みにくくなった気がします。

 

テニス 皮膚

出典:amazon

 

「Protect J1」は、長時間持続型保護クリーム。

足裏だけでなく、あらゆる皮膚の傷みやすい箇所、ウェアやシューズ、ギアとの接触箇所を優しく保護してくれます。

 

2.ベタつかないから、すぐに試合に出れる!

何より、ベタつかないのが一番。

速乾性に優れていて、臭いも無し、ですからあらゆる場面で活躍してくれます。

 

出典:rakuten

そもそも、この「Protect J1」は、ウルトラマラソン、トレイルラン、長期・高度登山等の過酷なスポーツに最適の協力型皮膚保護クリーム。

でも、よく考えてみて下さい。

テニスだって、とにかくストップ&ゴー、で細かい動きの繰り返し。

を、長いときには1試合で3時間、それも1日数試合をこなすときだってありますよね。

皮膚保護、に関しては特に大きな課題を抱えているはずなんです。

 

3.年齢と共に減っていく、水分含有量

どうも怪我が増えて来た・・・という方は、きっと身体の水分量が不足してきたのも一つの要因でしょう。

私も、もちろん当てはまります。

30代後半になってから、急に怪我しそうなきっかけ、が増えたんですよね・・・今回の足裏の皮膚が弱って来たのも、その一つ。

昔は全然気にしなかったんですが、すぐにカサカサになってヒビ割れる。

この「Protect J1」は、1回塗るだけで7~8時間、効果を継続。

1本で約160回の使用が可能ですから、毎日のようにテニスしても半年は軽くもつので経済的ですね。

 

手のひらの皮膚が弱い、グリップを握り続けるのが辛いという方にも効果的だと思います。

休憩時間に少し塗ってみて、5分後にプレーするだけでも違うと思いますよ。

テニスにおける全ての怪我は、予防と正しいケアの方法から。

年齢問わず、皮膚が弱いとお悩みの方にはオススメです。

 

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?

    「自分の家の近くに、壁打ち出来る場所があれば・・・・」と嘆く…

  3. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

  4. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

    読者の皆さんの中にも、「素振り」を頑張っている皆さんは多いはず。…

  5. テニス知識

    テニスのガットに、求めるモノについて

    みなさんは、普段どんなガットを張ってますか?私は最近、約5年…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる
  2. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう
  4. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
PAGE TOP