テニス

テニス知識

急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重要命題。

試合に出続けるのも、身体が健康であってこそ、ですよね。

皆さんあまり意識していないかも知れませんが、テニスコートってすごく乾燥しています。

ボールもコートも水分を吸い取る、それに風が強いような場所にあることが多いですよね。

これから、夏から秋にかけて、気候が急激に変化する時期。

「乾燥対策」は必須です。

 

急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

 

1.「喉のケア」を怠ってはテニス選手しっかく

乾燥といえば、まずは「喉」のケアからですよね。

万病は喉から、身体の入り口からと私は思っています。

「あ、つまり風邪を引かないようにね・・・」と思った方、甘い。

もちろん風邪の予防は大事ですが、それ以上に、テニス選手って「声を出す機会」が圧倒的に多いんですよ。

 

2.テニス選手として声を出すシチュエーションとは?

A.セルフジャッジのコール

試合でのセルフジャッジ、声を出しますよね。

それも、「フォルト!」と大声を出す、出さないといけないルールなんです。

喉の調子が悪くて声が出ないと、それはアナタにとって勝利が遠のいてくのと同じ。

「何を大げさな・・・」と思うかも知れませんが、喉が痛くて声が出ない、結果フォルトのサーブをインにせざるを得ない・・・なんてこと、実はよくあります。

テニス選手として、声が出ないって致命的なんです。

 

B.コミュニケーションが億劫になる

ダブルスの試合、ペアとの会話が出来ないと厳しい。

それって、喉が痛いと話す気分にもならないですよね・・・ゴホゴホ言って、ペアに気を遣われても良いことは無い。

しっかり自分で喉をケア、しておかないと、会話が出来なくてなんとなくで試合が進んでしまう。

こういう危機感、も体調管理の一環です。

 

C.自分のプレーに集中出来ない

皆さん、喉が痛いときって、どうですか?

良いプレー、出来ると思いますか?

例え熱は無くて身体は痛くなくても、私は喉が痛い、気になるとプレーに集中出来ない。

どこかで、「喉のせい」にもしたくなるんですよね・・・試合で上手くいかないときには。

身体で一番、実は敏感な部位である喉。

これをしっかりケアすることは大事でしょう。

 

3.うがい手洗い、を試合会場でも!

私は試合会場で、一番「トイレ」を使う一人でしょう。

それは、自分でミネラルウォーターを持っていって何度も「うがい」をするから。

喉のケアはもちろんですが、口の中がサッパリして気合いが入る。

「やってやるぞ!」というスイッチが入るんですよね、試合前に。

皆さんも、オーラルケアから変えてみると、体調管理はもちろん、良い気分転換になると思いますよ。

 

4.うがい薬とのど飴で準備は完璧

この2つ、を試合で用意しておくだけで良いでしょう。

小さいし、そんなに荷物にもなりませんしね。

うがい薬はサッパリした風味のコルゲンコーワのがオススメです。

 

テニス

出典:amazon

 

 

のど飴はやっぱりヴィックス、ですかね。

色々な味があるので飽きないですし、べたつかないのが好きです。

ただし一袋に何個か入っている形なので、封を開けたあと少し面倒なんですが・・・。

 

テニス

出典:amazon

 


喉のケア、はテニス選手にとって必要な「実力」です。

秋から冬は、一番乾燥が酷くなって喉には辛い時期。

大事な試合を控えている皆さんは、特にケアしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になると思う

    「テニスって、小さいころから始めないと上手くならないんですよね?」…

  3. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  4. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

    もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。テニスを夏場にやるのって…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

    皆さん、テニスを続けている中で「辛い怪我」の経験はありますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスのトーナメントで良い成績を上げたなら、すぐに0に戻してまた練習を再開しよう…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安…
PAGE TOP