テニス

テニス知識

急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重要命題。

試合に出続けるのも、身体が健康であってこそ、ですよね。

皆さんあまり意識していないかも知れませんが、テニスコートってすごく乾燥しています。

ボールもコートも水分を吸い取る、それに風が強いような場所にあることが多いですよね。

これから、夏から秋にかけて、気候が急激に変化する時期。

「乾燥対策」は必須です。

 

急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

 

1.「喉のケア」を怠ってはテニス選手しっかく

乾燥といえば、まずは「喉」のケアからですよね。

万病は喉から、身体の入り口からと私は思っています。

「あ、つまり風邪を引かないようにね・・・」と思った方、甘い。

もちろん風邪の予防は大事ですが、それ以上に、テニス選手って「声を出す機会」が圧倒的に多いんですよ。

 

2.テニス選手として声を出すシチュエーションとは?

A.セルフジャッジのコール

試合でのセルフジャッジ、声を出しますよね。

それも、「フォルト!」と大声を出す、出さないといけないルールなんです。

喉の調子が悪くて声が出ないと、それはアナタにとって勝利が遠のいてくのと同じ。

「何を大げさな・・・」と思うかも知れませんが、喉が痛くて声が出ない、結果フォルトのサーブをインにせざるを得ない・・・なんてこと、実はよくあります。

テニス選手として、声が出ないって致命的なんです。

 

B.コミュニケーションが億劫になる

ダブルスの試合、ペアとの会話が出来ないと厳しい。

それって、喉が痛いと話す気分にもならないですよね・・・ゴホゴホ言って、ペアに気を遣われても良いことは無い。

しっかり自分で喉をケア、しておかないと、会話が出来なくてなんとなくで試合が進んでしまう。

こういう危機感、も体調管理の一環です。

 

C.自分のプレーに集中出来ない

皆さん、喉が痛いときって、どうですか?

良いプレー、出来ると思いますか?

例え熱は無くて身体は痛くなくても、私は喉が痛い、気になるとプレーに集中出来ない。

どこかで、「喉のせい」にもしたくなるんですよね・・・試合で上手くいかないときには。

身体で一番、実は敏感な部位である喉。

これをしっかりケアすることは大事でしょう。

 

3.うがい手洗い、を試合会場でも!

私は試合会場で、一番「トイレ」を使う一人でしょう。

それは、自分でミネラルウォーターを持っていって何度も「うがい」をするから。

喉のケアはもちろんですが、口の中がサッパリして気合いが入る。

「やってやるぞ!」というスイッチが入るんですよね、試合前に。

皆さんも、オーラルケアから変えてみると、体調管理はもちろん、良い気分転換になると思いますよ。

 

4.うがい薬とのど飴で準備は完璧

この2つ、を試合で用意しておくだけで良いでしょう。

小さいし、そんなに荷物にもなりませんしね。

うがい薬はサッパリした風味のコルゲンコーワのがオススメです。

 

テニス

出典:amazon

 

 

のど飴はやっぱりヴィックス、ですかね。

色々な味があるので飽きないですし、べたつかないのが好きです。

ただし一袋に何個か入っている形なので、封を開けたあと少し面倒なんですが・・・。

 

テニス

出典:amazon

 


喉のケア、はテニス選手にとって必要な「実力」です。

秋から冬は、一番乾燥が酷くなって喉には辛い時期。

大事な試合を控えている皆さんは、特にケアしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  3. テニス トイレ

    テニス知識

    準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

    今回も、私の苦い経験、実話を交えてお話したいと思います。私は、…

  4. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  5. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が…

  6. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い
  3. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること
  4. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
  5. テニス 準備

    練習メニュー

    球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う
PAGE TOP