戦術

その他

関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

目次

関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一般のテニス愛好家の中では・・・?

と考えたときに、大宮健保グラウンドは欠かせない場所です。

行ったことのある方はお分かりかと思いますが、あの野球場・テニスコートの面数と敷地面積は、半端じゃありません。

大学・社会人のサークルから地域の草トーナメントまで、週末になると様々なテニス模様が100面以上のコートで繰り広げられる様は

壮観です。

では改めて、これから行く機会もある人の為にも、大宮健保グラウンドで注意すべき要点をまとめてみました。

関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

1.最寄駅からは歩けない(泣)

早速ですが、まずこの問題に直面します。

もちろんバス、タクシーなどの公共の交通機関を使えば大宮駅からも10分前後で到着可能。

人数が4人いればタクシーが吉でしょう。

その際に、できれば敷地内のどこのコートを予約しているのか確認しておくこと。

またタクシーの運転手さんによっては「○○のコート近くまで」で通じる人もいれば、受付の建物しか分からない人、はたまた土手から入ってくる入口で強制的に降されるケースもあったりします。

慌てず、まずはコート近くまで行ければ良しとしましょう。

2.近くにコンビニは皆無&自販機にも期待してはいけない

施設近くにはコンビニは皆無、と思っていたほうが良いです。

簡単な出店?と自販機はありますが、夏の暑い時期は汗だくの選手が殺到する為売り切れ必須。

飲み物や食べ物は、大量に準備しておいたほうが良いでしょう。

また日陰となる建物も少ないので、傷まないようにクーラーボックスも必ず準備してください。

過ってお腹を壊すとどうなるか・・・は、③にもリンクしてきますので後程・・・。

3.簡易トイレにトイレットペーパーはありません

たまたま?

いやいや、かなりの頻度です。

大宮健保グラウンドは簡易トイレが何カ所かに設置されていますが、トイレットペーパーはほぼ常備されていないと思っておいてください。

ですのでティッシュペーパーを大量に持っていく必要があります。

サークルでしたら、ここ用にトイレットペーパーも常備しておくと良いでしょう。

また、男子トイレは・・・いわゆる便器むき出しの形式。

個室に入る女性は、見て見ぬ振りでお願い致します。

4.野球場の皆さんにも配慮

テニスコートの傍には野球場も多くあり、社会人チームの試合をたくさんやっています。

テニスの試合中に後ろを通ることがマナー違反なのと同じように、野球の試合中に近くを通ることもマナー違反。

特に外野とはいえフェアグラウンドと思われる場所には、試合中に入らないように注意しましょう。

またどうしてもテニスボールが飛んでいく機会も多いので、飛んで拾ってもらった際にはしっかり御礼を。

お互い気持ちよくスポーツができるように、気配りを忘れずに。

5.コートはハードコート、でも数年前よりキレイになっていた・・・

最後に、サーフェスは基本的に全てハードコートになります。

数年前まではデコボコの荒れ地のようなコートも多かったですが、今ではしっかり塗りなおされているコートが多く安心してプレーできます。

しかしながら、それに伴ってか若干の値上がりがされているようで・・・。

久しぶりにコートを予約して行かれる方は、少し財布に余裕を持って行かれることをお勧めします。

 

10年前に始めて大宮健保に来たときには、大学サークルの本気の試合を目の当たりにして若干引いてしまった自分。

考えてみれば、あれだけ大声を出して応援できてコートも面数を確保できる、そんな場所はもはやここしか無いのかも知れませんね。

シャワー室にシャンプーとかが無かったり、会場内で延々迷ったりとなかなか大変ですが、それでもこれだけの施設は魅力。

皆さんも大切に使って、もっともっと関東近辺でテニスコートが増えていくと嬉しいですね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  2. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知るのが大事

    どんなにテニスが上手い人も、まず最初は自分の「下手さ」を知るところから…

  3. その他

    テニス部やサークルの後輩に指導するときには、「自分の言葉に説得力があるのか?」を考えてから

    高校生の皆さんは3年生が引退し、主将の代が変わる時期。これから…

  4. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ

    秋深まり、本格的なテニスシーズンになりましたね。一般の草大会も…

  5. その他

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

特集記事

  1. ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不…
  3. テニス グッズ

    その他

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選
  4. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツ…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
PAGE TOP