テニス スライス

フットワーク

身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思いますよね。

これは、もちろん経験がものを言う部分もありますが、実は立ち方一つで変わったりもする。

皆さん、普段自分がどういう立ち方、でコートに立っていると思いますか?

まさか、足と肩がネットに並行・・・になってはいないですよね?

 

身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

 

1.ダブルスではネットに対して、斜めに向くのがテニスの立ち方

ダブルスでは、少しだけコートの内側を向く。

例えばデュースサイドであれば、少しだけ自分の右肩が前、のスタンスを作る。

ネットやベースラインに並行、では実は試合では難しい。

一見、その方が視野が広いように見えますが、そうじゃない。

コートの内側を向く、からこそ、ダブルスではコート全体を把握出来て、どこにでも打ち分け出来るようになるんです。

 

2.ボールが向かってくる発射位置、に身体を向けよう

例えばサーブでも、相手がどの位置からサーブを打つかは見える。

その発射位置に対して正面、を向こうと思えば自然と斜めの立ち方、になる。

ワイドのコースもセンターも、しっかりバランス良く視野にとらえて触れるはずです。

これはラリーが始まっても同じ、です。

コートの内側を向いていると、相手の前衛も「周辺視」で把握出来る。

まずはクロス方向の相手をしっかり見て、そのパートナー、ストレートの相手は把握出来る範囲の視野に入れておく。

この意識、大事です。

 

3.あえて、相手前衛を「意識し過ぎない」ことも大事

斜めの方向に向いていると、良い意味で前衛を「意識し過ぎない」で済む。

ベースラインに並行、ネットの方向正面を向いていると、前衛も後衛も同じくらい視野に入ってきて気になるんですよね。

テニスは、まずクロス勝負。

基本、このクロス勝負に集中しながら、前衛は視野の中でも気にし過ぎないようにする。

これは、メンタルの問題ではなく「立ち方」で矯正出来ると思いますよ。

 

コートの内側を向く、そのスタンスを意識する。

まずはリターンから、ですね。

きっとクロス勝負に集中出来て、良い結果が出ると思いますよ。

立ち方一つ、でテニスは変わります。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない

    ストロークのレベル、皆さんは対戦相手のどこを観て判断していますか?…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?

    相手のポジショニング、アナタはどの程度意識できていますか?全く…

  3. テニス 準備

    フットワーク

    フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人

    フットワークは細かく!小さい歩幅で!私もよく、この言葉を聞いて…

  4. テニス リターン
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  6. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

    テニスコートって広いのかなぁ。シングルスで一人の時は広く感じる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付け…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?
  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニス 雪

    日々の雑記

    自分の未来から、タイムスリップして戻って来た、って考えてみない?
PAGE TOP