テニス 暑さ対策

テニス知識

水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。

テニスを夏場にやるのって、こんなに過酷だったのかと思う毎日。

数十年前はここまで暑くはなかったのに、もはや夏の屋外テニスは危険な競技になりつつあります。

 

水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

 

1.熱中症対策に最適なタオル

皆さんにもしっかり、熱中症対策をしながら休息も取りつつ頑張って欲しいのですが、「暑さ対策」も結構コストが高くつきがち、じゃないですか?

買うドリンクの料だって多いし、着替えのウェアだって必要、それに洗濯も増える・・・夏って本当に大変です。

「冷たいタオル」を用意するのにも、タオルを冷やす「何か」が普通は必要ですよね。

クーラーボックスに、氷・・・運ぶのだって大変。

でも、この「AMTOK 冷感タオル」は、水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオル。

暑さ対策を節約したい学生さんや、クーラーボックスを毎回運ぶのが難しい電車通いの方にもお勧めです。

テニス 暑さ対策

 

2.ボトルに入っているのが良い!

やっぱり、濡れたタオルってバッグの中で置き場に困る。

夏場は臭いも出ますし、暑い場所にバッグを置いておくと非常に危険・・・ですよね。

このボトルに入ってる感じ、個人的に好きです。

コンパクトに濡れずに持ち運べますし、使用後もバッグの中が濡れなくてGOOD。

 

テニス 暑さ対策

 

3.汗を拭くタオル、とは別で持っておきたい!

汗を拭くタオル、とは全く違う用途で使いたい。

バンバン濡らして、冷たくして常に首に巻いておくようなイメージ。

もちろん、これだけで暑さ対策は不十分ですが、汗を拭く以外の清涼感があると練習も頑張って乗り切れるはず。

数枚は、こういうクール仕様のタオルがあると便利だし、良い気分転換になりますよ。

 

*水に濡らして、絞って振れば何度でも冷たくなります。冷却効果を長持ちで、スポーツやアウトドアシーンはもちろん、日常生活においても効果を発揮し、熱中症対策に最適クールタオルです!

*紫外線遮断率98%、強力紫外線から肌をしっかり守ります。

*洗濯機でも洗っても冷感効果は持続します。繰り返し使えるので、とってもエコです。

*乾いた状態でも柔らかく、超強吸水力を持ち、汗や水を強力吸収し、水分も簡単に絞 っていけます。

出典:amazon

 

使い方も簡単ですし、何回使っても冷感はある程度維持してくれる。

この1シーズンくらいは楽にもってくれるでしょう。

テニス 暑さ対策

 

夏場もテニスを頑張る皆さん、本当に気を付けて下さい・・・ね。

出来るだけ休憩時間には身体を冷やし、メンテナンスしていきましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業が必要になる

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  2. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

    まさにこれからが、夏本番。テニスの試合、苦しい試合の連続・・・…

  3. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

    たくさん種類があって、どれを選んだら良いのか・・・。ガットは本…

  4. テニス知識

    試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

    テニスプレイヤーとして、持っておきたいマストアイテム。私はあえ…

  5. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

    普段の練習や、アナタのテニス知識、経験。でもそれって、試合で具…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽…
  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスの試合で「センター寄りからサーブを打って来る」選手には、アングルへのクロ…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「アプローチショットはシンプルに、勝負はあくまでネットプ…
  5. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと
PAGE TOP