テニス 暑さ対策

テニス知識

水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

もう・・・とにかく暑い毎日、ですよね。

テニスを夏場にやるのって、こんなに過酷だったのかと思う毎日。

数十年前はここまで暑くはなかったのに、もはや夏の屋外テニスは危険な競技になりつつあります。

 

水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

 

1.熱中症対策に最適なタオル

皆さんにもしっかり、熱中症対策をしながら休息も取りつつ頑張って欲しいのですが、「暑さ対策」も結構コストが高くつきがち、じゃないですか?

買うドリンクの料だって多いし、着替えのウェアだって必要、それに洗濯も増える・・・夏って本当に大変です。

「冷たいタオル」を用意するのにも、タオルを冷やす「何か」が普通は必要ですよね。

クーラーボックスに、氷・・・運ぶのだって大変。

でも、この「AMTOK 冷感タオル」は、水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオル。

暑さ対策を節約したい学生さんや、クーラーボックスを毎回運ぶのが難しい電車通いの方にもお勧めです。

テニス 暑さ対策

 

2.ボトルに入っているのが良い!

やっぱり、濡れたタオルってバッグの中で置き場に困る。

夏場は臭いも出ますし、暑い場所にバッグを置いておくと非常に危険・・・ですよね。

このボトルに入ってる感じ、個人的に好きです。

コンパクトに濡れずに持ち運べますし、使用後もバッグの中が濡れなくてGOOD。

 

テニス 暑さ対策

 

3.汗を拭くタオル、とは別で持っておきたい!

汗を拭くタオル、とは全く違う用途で使いたい。

バンバン濡らして、冷たくして常に首に巻いておくようなイメージ。

もちろん、これだけで暑さ対策は不十分ですが、汗を拭く以外の清涼感があると練習も頑張って乗り切れるはず。

数枚は、こういうクール仕様のタオルがあると便利だし、良い気分転換になりますよ。

 

*水に濡らして、絞って振れば何度でも冷たくなります。冷却効果を長持ちで、スポーツやアウトドアシーンはもちろん、日常生活においても効果を発揮し、熱中症対策に最適クールタオルです!

*紫外線遮断率98%、強力紫外線から肌をしっかり守ります。

*洗濯機でも洗っても冷感効果は持続します。繰り返し使えるので、とってもエコです。

*乾いた状態でも柔らかく、超強吸水力を持ち、汗や水を強力吸収し、水分も簡単に絞 っていけます。

出典:amazon

 

使い方も簡単ですし、何回使っても冷感はある程度維持してくれる。

この1シーズンくらいは楽にもってくれるでしょう。

テニス 暑さ対策

 

夏場もテニスを頑張る皆さん、本当に気を付けて下さい・・・ね。

出来るだけ休憩時間には身体を冷やし、メンテナンスしていきましょう。

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  2. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

    「いつも、どこからネタを仕入れてるんですか?」というご質問を、…

  3. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  4. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

    昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている…

  5. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い

    みなさんも試合の中で、経験あるんじゃないでしょうか?足が痙攣し…

  6. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ
  3. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
  5. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ
PAGE TOP