テニス ダブルス

メンタル

自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。

いつも、周りからどう見られているか、を気にしている。

最近はそうでも無いですが・・・高校、大学時代は、本当にそんな感じでした。

そしてどこか、怯えていた。

皆さん、今日はこのテーマで考えてみませんか。

 

自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

 

自分の敵は、自分

試合中、対戦すべきは相手・・・。

なのに、アナタはつい自分のことで頭が一杯になりませんか?

「なんでこんなミスをするんだ・・・」

「今のは良かったな・・・」

「調子が悪い・・・どうしよう・・・」

これって、試合に勝つ負ける以前の問題だと、私は思います。

もし勝利を最優先、に置くのであれば、意識を向けるべきはネットを挟んだ対戦相手、なはず。

でも、それが出来ないんですよ。

皆さん、自分に興味津々、ですからね。

 

試合に勝つ、泥臭くても勝つ覚悟はあるか?

今日、私もベイビーステップの新刊を買って来ました。

あのマンガ、すごく疲れませんか・・・?

主人公が勝つ、楽に勝つ試合なんてまず無い。

毎回苦労に苦労を重ねて、泥臭く、勝っていく。

これは、漫画の世界だけ・・・の話でしょうか?

主人公が実践しているテニスは、誰もが出来そうで出来ない、やりたくないテニス。

自分が泥にまみれる、ことって・・・やっぱり出来ないんですよ。

私が思うに、個人スポーツの弱点、盲点がここにあると思います。

 

汚れ役がヒーローになるのは、チームスポーツだけ・・・?

粘る、メンタルが強い、泥にまみれる・・・。

そんなプレーって、特にチームプレーだと欠かせない、影の立役者的な感じでヒーロー扱いされる。

でも、テニスのような個人戦だとどうですか?

相手の隙を突く、ひたすら粘る、泥臭く勝つって・・・何だか低く見られている。

確かに、誰だってフェデラー選手のような華麗なプレーがしたい。

でも、それって危険だと思いませんか?

「自分を上手く見せよう」

「キレイなテニスで、試合に勝とう」

と、し過ぎるような危険因子を含んでいる。

もちろん、お手本にすべきプレーはたくさんあります。

でも同時に、自分を大きく見せよう、という甘い誘惑にも誘い込まれそうな・・・そんな気がするのは、私だけでしょうか。

 

誰だって、華麗にキレイにプレーしたい。

テニスもスポーツ、遊びですから、好きにやって良いと思う。

でも、試合に勝つためにバランスも大事。

高校生の自分に、今日書いた文章を見せてあげたい。

だから、私からは何も言えません・・・が、これだけは言えます。

泥にまみれるテニス、最高にカッコイイと思いますよ。

 

今回のまとめ

上手く見せようと思うんじゃなくて、もっと泥にまみれましょう

 

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  2. メンタル

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナタ自…

  3. メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノサー…

  4. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?

    ふと、思い出してみる。自分の小学生時代を。きっかけは、…

  5. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、どこかで気付かないと試合で勝てる選手にはなれない

    冷静に試合を進めているつもりでも、客観的に思い出してみると結構、こうい…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス ボレー

    テニス知識

    ボールが飛ばない冬の寒い試合、「ガットのテンションを5ポンド落としたラケット」を…
  2. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事
  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う
  4. ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイン…
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
PAGE TOP