テニス ダブルス

メンタル

自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。

いつも、周りからどう見られているか、を気にしている。

最近はそうでも無いですが・・・高校、大学時代は、本当にそんな感じでした。

そしてどこか、怯えていた。

皆さん、今日はこのテーマで考えてみませんか。

 

自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

 

1.自分の敵は、自分

試合中、対戦すべきは相手・・・。

なのに、アナタはつい自分のことで頭が一杯になりませんか?

「なんでこんなミスをするんだ・・・」

「今のは良かったな・・・」

「調子が悪い・・・どうしよう・・・」

これって、試合に勝つ負ける以前の問題だと、私は思います。

もし勝利を最優先、に置くのであれば、意識を向けるべきはネットを挟んだ対戦相手、なはず。

でも、それが出来ないんですよ。

皆さん、自分に興味津々、ですからね。

 

2.試合に勝つ、泥臭くても勝つ覚悟はあるか?

今日、私もベイビーステップの新刊を買って来ました。

あのマンガ、すごく疲れませんか・・・?

主人公が勝つ、楽に勝つ試合なんてまず無い。

毎回苦労に苦労を重ねて、泥臭く、勝っていく。

これは、漫画の世界だけ・・・の話でしょうか?

主人公が実践しているテニスは、誰もが出来そうで出来ない、やりたくないテニス。

自分が泥にまみれる、ことって・・・やっぱり出来ないんですよ。

私が思うに、個人スポーツの弱点、盲点がここにあると思います。

 

3.汚れ役がヒーローになるのは、チームスポーツだけ・・・?

粘る、メンタルが強い、泥にまみれる・・・。

そんなプレーって、特にチームプレーだと欠かせない、影の立役者的な感じでヒーロー扱いされる。

でも、テニスのような個人戦だとどうですか?

相手の隙を突く、ひたすら粘る、泥臭く勝つって・・・何だか低く見られている。

確かに、誰だってフェデラー選手のような華麗なプレーがしたい。

でも、それって危険だと思いませんか?

「自分を上手く見せよう」

「キレイなテニスで、試合に勝とう」

と、し過ぎるような危険因子を含んでいる。

もちろん、お手本にすべきプレーはたくさんあります。

でも同時に、自分を大きく見せよう、という甘い誘惑にも誘い込まれそうな・・・そんな気がするのは、私だけでしょうか。

 

誰だって、華麗にキレイにプレーしたい。

テニスもスポーツ、遊びですから、好きにやって良いと思う。

でも、試合に勝つためにバランスも大事。

高校生の自分に、今日書いた文章を見せてあげたい。

だから、私からは何も言えません・・・が、これだけは言えます。

泥にまみれるテニス、最高にカッコイイと思いますよ。

 

今回のまとめ

上手く見せようと思うんじゃなくて、もっと泥にまみれましょう

 

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!

    テニス好き?好きだから皆、テニスを毎日頑張っているんだろうね。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝てる可能性大

    テニスの試合前、経験豊富な選手だって少なからず緊張する。特に、…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

  5. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

    団体戦、いや個人戦でもあるかも知れませんね。相手の応援が大挙して押…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合の中で「ローボレーが深く打てるとき」は、テンポを上げて前に詰めていこ…
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えてい…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる
PAGE TOP