テニス フットワーク

フットワーク

相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性を再確認させられる。

菊池選手のファインプレーも、もうボールが飛ぶ前からポジショニングからナイス、なんですよね。

隠れたプレーですが、テニスの試合でも通じるものがたくさんある。

そう、守備のときこそ、ポジショニングが重要な要素になってくるのです。

 

相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

 


 

1.毎回同じ守備位置って、おかしくない?

例えばリターンのとき。

相手のファーストサーブ、セカンドサーブで明らかに力が違うのに、同じ位置にいる理由なんてない。

サーブだけは唯一、ベースラインより前からは打てないですが、左右はある程度、自分で立つ位置を選べますよね。

つまり、テニスでは「自分の意志で、ポジションを変えて良い」という大前提がある。

相手が打つ前に、その態勢や状況を見て細かく自分のポジションを変える、ことでアナタにはメリットがいっぱいある。

同時に相手は、打とうと思った場所に相手がいると・・・もうそれだけで、プレッシャーになりますよね。

 

2.相手の性格、配球の癖を読んでみよう

相手が選択するコース、まずここにアナタ自身しっかり関心を持つこと。

そして序盤で研究する癖、付けていきましょう。

そうすれば、先回り出来るフットワークも自然に実戦出来るはず。

どんなに守備的なポジションを積極的に動かそうとしても、アナタ自身がコースを読む、相手の癖を把握できないと意味がありません。

 

3.実力や経験が無いと、守備の予測って出来ない?

確かに、スポーツにおいて守備の位置を変えていくことは、経験がモノを言う。

これは事実です。

ですが、成長スピードはどんどん変えていける。

相手にしっかり興味関心を持って、守備における「積極性」を身に付ける。

ちょっとポジションを変えて、相手のミスが増えたりカウンターショットが決まると、もう癖になりますよ。

それくらい、テニスだけじゃなくスポーツにおいて、守備位置を変えるのって基本中の基本、です。

 

「コーチにここに立て、って言われたので・・・」と、言い訳っぽく考えるのは止めましょう。

当たり前ですが、相手や状況に応じて微調整して変えていく、からこそ相手にプレッシャーも与えられる。

もっと自分で考えて、感じて、動く。

テニスの試合、もっと勝てるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで

    打った後の構え直し。私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると…

  2. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

    どうして、自分はチャンスを決められないんだろう。打っているボー…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょ…

  5. テニス チャンス
  6. フットワーク

    「打った後は、必ず足を戻す」癖を付ければプレーは見違える

    フットワークの基本、試合の中でつい見落としがちな部分。打った後…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心…
  2. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問わ…
  3. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!
  4. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  5. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
PAGE TOP