テニス ボレー

練習メニュー

アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。

「本人には言えないけど、絶対こうしたら良いと思うんだよな・・・」と。

言葉に出来ないし、今更何かを言うのもどうかなと思って、言わない。

これって、もったいないことなんです。

 

アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

 


 

1.ずっと一緒にテニスをしている仲間は、財産

皆さんにも、部活やサークル、で一緒にテニスを練習している人はいるはず。

私の感覚では、週一回でも半年くらい一緒にやっていれば、その人なりのテニスは見えてくる。

ただ、コーチという訳でも無いしアドバイスしたり・・・ということも無い。

そんなことよりまず自分!と思うのは当たりまえですからね。

 

2.知らないでアドバイスしている私より、近くの仲間に聞いてみよう

私自身、記事を書いてはいますが、皆さんのテニスを見たことは無い。

これって、致命的。

憶測の域を出ないから、あくまで憶測でしかないんです。

でも、近くにいる仲間は違う。

アナタのテニスをずっと見ているし、実は攻略法も持っているかも知れない。

アナタ自身が気付いていないこと、たくさん知っているし気付いている。

聞かれないから、自分から話すのも・・・と、きっと思っているはずなんです。

 

3.自分のテニスをどう見られているのか、それはなぜ?なのか

自分のテニスについて、どう見られているのか・・・は、なかなか分からない。

実際の試合では、相手に「印象付け」を行いますが、練習ではほとんど素の状態で練習していますからね。

自分でも、意外な気付きを近くの仲間が持っているということはたくさんあるはず。

そして、その背景も聞いてみたい。

直接聞くのもの恥ずかしいですが、「今更だけど・・・俺のテニスって、どう?」みたいな感じで。

どうでしょう、こういう質問されると実はちょっと、嬉しくないですか?

 

聞かれれば、仲間も考える。

そして、相手にも聞き返されるかもしれませんね、同じ内容。

ぜひ、アナタ自身考えてみて下さい。

テニスを言葉にするのって、習慣です。

きっとテニスの上達に、つながるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  2. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  4. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

    普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?大き…

  5. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習

    「良い練習とは、どんな練習ですか?」と、たくさんの方からご質問で頂きま…

  6. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
  2. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い
  3. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる
  4. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  5. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと
PAGE TOP