テニス ダブルス

ダブルス

なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパターンだから

ダブルスの試合、決定力があるペアは強い。

逆に言えば、決定力が乏しいペアはボレーでもなかなか決まらないし、結局長いラリーで攻守が交代していく・・・。

そんなダブルスの試合を卒業していくには、やはり決定力のアップが欠かせない。

さぁ、決定力・・・について、皆さんはどんなイメージ、ですか?

 

なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパターンだから

 

■決定力が高い=威力があるボール?

普通は、この発想ですよね?

特に男性の方、自分が理想とするプレーもこんな感じだと思います。

速いテニス、攻撃的なパワー、が高い選手が決定力が高い・・・確かにそれは、一理あります。

ですが、本当にそうでしょうか?

速く威力のあるボール、を決定力の物差しにするのは危険。

ボールに速さを求めるということは、それだけリスクも伴いますし、返球されたら構え直しの準備もままならない・・・と思いませんか?

 

■決定力があるプレーとは、「意外性」があるプレー

相手の立ち場に立ってみると、守備はまず「あるある」からふさぐ。

このコースに来るかも・・・という部分で、まずは待ちかまえますよね。

決定力が無いペアは、まさにそこに打ってくる。

だから決まらないし、反撃されてしまう。

これに気付いていないからボールに速さ、力強さを求めて、自滅していく。

意外性があるプレーが出来るダブルスは、相手の読みを外していくし、プレーに幅がある。

きちんとドロップボレーも使えるし、ロブボレーで後ろのスペースも使える。

前後のスペースを使うテニスが出来ると、相手も警戒して引いてくれるからより決まりやすくなる。

ボレーの決定力のアップに、バリエーションの豊富さは不可欠です。

 

■決定力を高めたければ、シンプルにネットに詰めよう

ダブルスの試合、それでもすぐに決定力をあげたい!なら、前に詰める。

ここで大事なのは、「後ろを捨てる」ということ。

「だってロブ、打たれるじゃない・・・」と思った方は、そのポイントでは捨ててしまいましょう。

そして次、のポイントでは逆に後ろで待ちかまえる。

これくらいのメリハリ、があった方がダブルスでは決定力のあるプレーが出来る。

傍から見て、「あ、今この作戦をやったんだな」と分かるくらいが、最低限。

決断力と勇気、覚悟、さえあればもっとアナタのプレーは決定力をアップ出来るでしょう。

 

ダブルスの試合、せっかく2人いる訳ですからね。

時にハッキリ攻撃的になり、意外性のあるプレーを入れていきましょう。

スライス系のボレーが使えると、前後に色々なプレーの幅が拡がるはずです。

相手も2人いるのが、ダブルス。

なかなか「当たり前のボレー」では決まらない、ことだけは覚えておいて損は無いと思います。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの雁行陣で、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本です

    ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  5. テニス ボレー
  6. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ
  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします
  3. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう
  4. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
PAGE TOP