テニス ダブルス

ダブルス

なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパターンだから

ダブルスの試合、決定力があるペアは強い。

逆に言えば、決定力が乏しいペアはボレーでもなかなか決まらないし、結局長いラリーで攻守が交代していく・・・。

そんなダブルスの試合を卒業していくには、やはり決定力のアップが欠かせない。

さぁ、決定力・・・について、皆さんはどんなイメージ、ですか?

 

なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパターンだから

 

■決定力が高い=威力があるボール?

普通は、この発想ですよね?

特に男性の方、自分が理想とするプレーもこんな感じだと思います。

速いテニス、攻撃的なパワー、が高い選手が決定力が高い・・・確かにそれは、一理あります。

ですが、本当にそうでしょうか?

速く威力のあるボール、を決定力の物差しにするのは危険。

ボールに速さを求めるということは、それだけリスクも伴いますし、返球されたら構え直しの準備もままならない・・・と思いませんか?

 

■決定力があるプレーとは、「意外性」があるプレー

相手の立ち場に立ってみると、守備はまず「あるある」からふさぐ。

このコースに来るかも・・・という部分で、まずは待ちかまえますよね。

決定力が無いペアは、まさにそこに打ってくる。

だから決まらないし、反撃されてしまう。

これに気付いていないからボールに速さ、力強さを求めて、自滅していく。

意外性があるプレーが出来るダブルスは、相手の読みを外していくし、プレーに幅がある。

きちんとドロップボレーも使えるし、ロブボレーで後ろのスペースも使える。

前後のスペースを使うテニスが出来ると、相手も警戒して引いてくれるからより決まりやすくなる。

ボレーの決定力のアップに、バリエーションの豊富さは不可欠です。

 

■決定力を高めたければ、シンプルにネットに詰めよう

ダブルスの試合、それでもすぐに決定力をあげたい!なら、前に詰める。

ここで大事なのは、「後ろを捨てる」ということ。

「だってロブ、打たれるじゃない・・・」と思った方は、そのポイントでは捨ててしまいましょう。

そして次、のポイントでは逆に後ろで待ちかまえる。

これくらいのメリハリ、があった方がダブルスでは決定力のあるプレーが出来る。

傍から見て、「あ、今この作戦をやったんだな」と分かるくらいが、最低限。

決断力と勇気、覚悟、さえあればもっとアナタのプレーは決定力をアップ出来るでしょう。

 

ダブルスの試合、せっかく2人いる訳ですからね。

時にハッキリ攻撃的になり、意外性のあるプレーを入れていきましょう。

スライス系のボレーが使えると、前後に色々なプレーの幅が拡がるはずです。

相手も2人いるのが、ダブルス。

なかなか「当たり前のボレー」では決まらない、ことだけは覚えておいて損は無いと思います。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

特集記事

  1. テニス タオル
  2. テニス 練習
  3. テニス トレーニング
  4. テニス ガット
  5. テニス ラケットバッグ
  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう
  3. ストローク

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります
  4. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
  5. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
PAGE TOP