テニス ボレー

ボレー

自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。

特に、こちらがプレッシャーをかけてミスをしてくれているのであれば、それはもうミスではなく実力で獲ったポイント。

ネットプレーで、こういう意識があると戦いやすい。

しっかりアウトを誘うようなプレー、出来ていますか?

 

自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

 


 

■プレッシャーをかけて無理をさせれば、相手のボールはアウトしてくれる

ネットプレーの醍醐味は、ここにあります。

しっかり相手を追い込んで、ラストは破れかぶれのショットを打ってもらう。

そうするとネット、またはアウトしてくれる可能性が高くなる。

アナタも、身に覚えがありませんか・・・?

ダブルスでは特に、並行陣を敷けばそれだけでストローク対ストロークにしか慣れていないような相手はプレッシャーがかかる。

いかに「アウトを誘うか」が大事です。

 

■振り遅れ、を誘うには何が必要か?

相手のストロークの打点、アウトするときって少し後ろになる、振り遅れていることが多いですよね。

その為に、必要なプレーって何か・・・と考えると、まずは2歩、3歩と相手を動かすこと。

そして、スライス回転がかかったボレーを打って打点を低くする、バウンドして滑らせていくのがコツです。

「難しそう・・・」と思った方もいると思いますが、ボレーは速さじゃない。

コースとスライス回転、という部分を意識すれば、きっと初中級の方から実践出来るはず。

走らせて、打点を下げさせてみれば、きっと相手のミスは増えてくるでしょう。

 

■「アウト」は期待するのではなく、予測する

相手のアウト、は期待してはダメ。

期待していると・・・何が起きるかというと、入っているボールまで「ウォッチ」してしまう。

期待して見逃してみたけど、やっぱり入ってた・・・となると、試合の流れは一気に変わります。

ニュアンスだけの違いかも知れませんが、期待するのではなく、予測する。

「こういうとき、大抵あの人はアウトするんだよな・・・」と思っておけば、軌道を一瞬で判断出来る。

それでも入ってしまうときは、ありますけどね。

でもオンラインくらいなら、仕方ない。

やっていることは間違っていないので、テニス自体は変える必要は無いでしょう。

 

相手のアウトも、ナイスボレーでノータッチエースでも同じ1ポイント。

ここの認識が、まだまだ皆さん甘いような気がします。

試合で実際多いのは・・・どちらでしょうか?

相手のイージーミス、そこにアナタが「誘うミス」を加えてみて下さい。

きっと勝てる試合、増えるはずです!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

    ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  3. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると安定する

    テニスの試合では、ストロークで粘るのが得意な選手は多い。そして…

特集記事

  1. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?
  2. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  3. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう
  4. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?
  5. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事
PAGE TOP