テニス フットワーク

リターン

ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

ダブルスの試合、リターン。

目の前にはまず、相手の前衛がいる。

これが厄介なので、実はシングルスよりもダブルスのリターンって、難しいと思いませんか?

しっかりとストレートにも打って足止めしたい、でもストレートを張られているかも知れない。

というときに、こんな作戦はどうでしょうか?

 

ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

 


 

■作戦の大前提は、相手が「雁行陣」であるということ

まず初めに、これから書く作戦はシンプルですが、相手は雁行陣、を想定しています。

サーブ&ボレーしてくる相手だと、ちょっと厳しくなる。

サーブを打ってその場でストローク戦に持ち込む、というのをイメージしながら読んでみて下さい。

ポイントは、「前衛に絶対触られない、かつ攻撃的にストレートにも打てる」こと。

つまり、相手の動きに応じて打つコースを変える、というのを可能にさせる作戦、なんです。

さぁ、書いていきますよ。

 

■ストレートアタックで入って、前衛が動かなければクロスロブ、のリターン

やり方はすごくシンプルです。

まず、相手のサーブをストレートアタックする気持ちで入る。

しっかり前に踏み込んで、前衛方向、ストレートにリターンする「つもり」で入っていく。

そしてサーブがバウンドした時点で、相手が動いていないようであれば、クロス方向へポワーンとロブを上げる。

これだけです。

攻撃的な前衛は、サーブがバウンドした時点でもう動き出している。

そこに気付いたら、そのままストレートへ打つ、普通に直線的なストロークで。

動かないようであれば、無理せずラケット面を作ってクロス方向へロブ、を返球する。

これだと、前衛は触れない。

ポイントは、クロスに返球するときには無理しないこと。

相手は雁行陣ですので、山なりのボールで全然OK。

ここで無理してしまう人、あまりに多いのでこの作戦は有効なんです。

 

■ほとんどの人が勘違いしている、相手前衛のポーチを避ける方法

ほとんどの人が、こう考えていませんか?

「相手前衛が、動いて来たらストレートに打とう!」と。

これって、実は実戦的ではない。

大抵、こんな感じでコースを変えるとストレートがサイドアウトする。

今回紹介した作戦は、基本線を「ストレート方向のリターン」にセットしているのがポイントです。

普段と逆、ですよね。

でもやってみて下さい、絶対に有効ですから。

特に攻撃的にポーチに動いてくる前衛は、この作戦を使う意識が無いと絶対に勝てない。

それくらい、ストレートへ打つ雰囲気だったり配球、が上のレベルの試合では大事なんです。

 

「なんだ、大した作戦じゃないな・・・」と思った方は、きっとまだ激しい前衛を相手にしたことが無いんだと思う。

ダブルスの試合、上のレベルになればなるほど、ポーチに出て「当たり前」の世界。

だからストレートへの展開も増える。

少し発想を変えるだけで、テニスはまだまだ上達していきます。

騙されたと思ってこの「ストレートリターンをデフォルトにセット」作戦、やってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。…

  4. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

    ダブルスの試合の中で、リターンのその瞬間。相手の前衛が動いてき…

  5. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良…

  6. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌…
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?
  4. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に
PAGE TOP