その他

このゲームを獲れば勝ち、のゲームで準備しておくべき4つの具体策

あと1ゲームで、この試合勝利・・・という場面で、アナタはいつも冷静にプレー出来ていますか?

プロ選手だって、緊張する場面。

上手くいかなくて当たり前。

当たり前なら、何か具体策を準備しておきたい。

効果があるかはやってみないと分かりませんが、無策はあまりに危険・・・です。

 

このゲームを獲れば勝ち、のゲームで準備しておくべき4つの具体策

 

1.相手のミス待ちになっては絶対にいけない

あと1ゲーム、の場面で、急に相手のミスを期待し始めること。

これは非常に危険。

相手はもう後が無い訳ですから、攻撃的に来るし何かを変えてくるでしょう。

アナタ自身、攻撃の手を緩めずにしっかり自分から打っていくこと。

無謀なバコ打ちではなく、プレッシャーがかかっている相手を上手く利用したいですよね。

しっかりアナタが得意なパターンで、プレッシャーをかけていきましょう。

 

2.ネットプレーを入れる

1.で書いたように、相手がリスクを冒せない状況で、あえてリスクを冒させる。

ミスを誘う意識で、自分から積極的にネットに出ていくことはオススメです。

それも、ゲームの序盤に。

もし仮に落としたとしてもまだ挽回出来ますし、ネットに出られたという印象は残る。

あと1ゲーム、の場面での最初の1ポイントは何か変化を付けてみる、ことで相手は後手に回ってくれるでしょう。

 

3.ファーストサーブとリターンを確実に入れる

流れが変わる、のがあと1ゲームという場面では怖い。

試合の流れが変わるのは、最初のボール、つまりサーブやリターンが入らないとき。

これは絶対、避けたいポイント。

であれば、どうすれば良いでしょう?

まずはネットにかけないこと。

回転量が多いショットで、しっかりラケットを振り切ること。

振り切って、結果的にアウトになるのはまだ計算内。

ビビッてネット、が一番まずいパターンです。

 

4.新しい自分になる

2.のネットプレーに近いかも知れませんが、全く別人格になるくらいの作戦、を用意しておくのもあり。

私はラスト1ゲームと思ったら、ドロップショットを多用する。

その癖を知っている相手には、なかなか出来ない作戦ですが・・・。

ドロップショットでポイントを獲ると、相手は「もうダメだ・・・やっぱりダメだ・・・」という感じになって、試合が「終わる」ような雰囲気になるんですよね。

ダブルスの試合なら、ストレートリターンやポーチも有効でしょう。

「うん、このゲームで終わるな」という雰囲気を自分たちで作ること。

それがラスト、ゲームを締めるには大事な準備です。

 

まぁ、書いてみると簡単そうですが、難しいですよね。

ラスト1ゲーム、自分のサービスゲームでもなんて長いんだろう・・・と思いますから。

長いゲーム、上等じゃないですか。

準備した作戦で、じっくり仕留めて試合を終わらせる。

その覚悟で、準備しましょう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

  3. テニス ハードコート

    その他

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由5つ

    予選が始まり、もうすぐ本戦の開幕を迎える全米オープン。4大大会…

  4. その他

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

  5. その他

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?

    いくら打ち方がちゃんとした綺麗なフォームでも、ボールを見ることが出来て…

  6. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・

    暑い毎日が続く。こういう時期はしっかりと水分補給しながら練習しない…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く…
  2. テニス 気付き

    その他

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解して実践出来ているだろ…
  4. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?
  5. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
PAGE TOP