その他

「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解が、テニス界全体を弱くしている

いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。

「考えることはすごく大事だし疲れるけど、勝つためには大事」という方。

「考えることは楽だけど、実際に練習が大変」という方。

私は最近考えるのですが、スポーツを考えることについて、実は日本人って今まで避けてきた。

それは、学生スポーツを観れば一目瞭然です。

 

「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解が、テニス界全体を弱くしている

 

■テニスをやっていれば評価される、日本の学生スポーツ界

10年以上前、全米の大学テニス選抜チームがNCAAから日本に招待され、早稲田大学との団体戦をやったことがあります。

その時に私は大会運営に携わっていたんですが、印象に残っているのがアメリカの学生の皆さんの勤勉さ。

試合の合間にもレポートをやってたし、何より日本の学生よりも大人で博識。

話を聞けば、大学の成績が悪ければ卒業どころかテニスチームとしての活動も一切出来なくなるんだとか。

それも、普通の成績ではダメでAランクの成績が当たり前、尚且つテニスも頑張らないといけない・・・という環境に身を置いている選手を観て、少し悲しくなった記憶があります。

日本との、あまりの違いに。

全員とは言いませんが、日本ではジュニア時代からテニスの成績で学業が免除される。

授業に出なくても、試験に出なくても良い特例がたくさんある。

これでは、勉強しなくなって当たり前。

テニスさえしていれば、良い訳ですから。

 

■いかにも日本らしい「数学って将来、何の役に立つの?」という話

私も、過去に同じことを考えていましたが、今では恥ずかしい。

勉強すること、が他の何に活かされるのかを知らなかったし、視野が狭かった。

テニス選手でも、どこか日本の選手は「考えること」について浅い気がしてならない。

そして、「考える事は楽だから、もっとオンコートでトレーニングしないと」という感じに偏ってしまう。

しっかり学生時代に「勉強」をするかどうか。

これって、すごく大きな問題になってくると、私は最近改めて危惧しています。

テニスや他のスポーツをやるにせよ、大事なのはアナタの知識や素の頭の良さ。

この部分を疎かにしていては、絶対にテニスは強くなれないと思うんです。

 

■「考えること」は、最高に疲れるけど、最高に楽しい

試合に出ていて、「シコラー」ってバカにされがちですよね。

特に学生の皆さんは、そういう傾向が強いと思います。

つまり、しっかり考えて試合に勝とうとする、勝てる為に全てをやり尽くす選手が、低く見られている。

これって、日本だけだと思うんです。

海外では、粘れるプレーに対して非常に評価が高い。

考えていないこと、自分の意見を持っていないことに対しては、非常に厳しい危機感を覚えて接してくる。

日本って、自分で考えて決断していくこと、あまり求められない。

テニスは厳しい判断と、決断の繰り返し。

学生時代に勉強、していなかった選手が、大人になって良い練習やトレーニングが主体的に出来るとは思えない。

シコラーをバカにして、考える選手の辛さを分からないままに、考えないテニスで負けていく。

厳しいようですが、これが現実でしょう。

 

自分は違う、という意見の方も多いでしょう。

実際に錦織選手は超エリートで、勉強なんかしてこなかったのでは?という意見もあるでしょう。

たくさんの意見があって、良いと思います。

ですが、このサイトを観ている学生の皆さんには、一言だけ。

今しか出来ない勉強、絶対にしておいた方が良いですよ。

テニスにも必ず活かされて、強くなります。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!

    昨日にて発表された、来月のデビスカップ初戦の日本代表メンバー。世界…

  2. テニス ミス
  3. テニス ボレー
  4. テニス ハードコート

    その他

    もうすぐ新学期、アナタの部活やサークルが「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  5. テニス 戦術
  6. テニス ボレー

    その他

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!
  2. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です
  4. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと
  5. ストローク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます
PAGE TOP