テニス 走力

フットワーク

足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

フットワークが良い人は、「足が速い人?」。

もちろん、それも大事な要素ですが、少し違うと私は思います。

ただ、足が速いだけだと、むしろ怖くない。

それ以上にテニスでは、正しい距離感で入ってボールをコントロール出来る態勢、を作れる人が強いのです。

 

足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

 


 

■ボールに追いついてから、がテニスは大事

テニスでは、ボールに追い付くのはまだ途中段階。

ボールに追い付いてそれから打ち返す、という過程こそ大事なのです。

フットワークが良い選手は足が速い、というよりもボールへの入り方が上手い。

上手い入り方とは・・・どんなイメージでしょうか?

 

■「どこにでも打てるアピール」をされると、打たれる側は辛い

フットワークが良い選手は、ボールに早く入って構える、止まって待つ、ことが出来ている。

これが出来ると、「どこに打ってくるか、分からない・・・」ような印象を、相手に与えますよね。

だからこそ、足の速さだけではダメなんです。

的確に良い態勢で、ボールに入る。

そして相手にしっかりアピール出来るボールを増やせる選手が、本当にフットワークが良い選手なのです。

 

■ボールとの距離感こそ、大事!

足が速い選手にありがちなのは、「ボールに追い付き過ぎてしまう」こと。

ボールとの距離が近いとラケットを振るのが難しくなりますし、同時に打てるコースも狭まってしまう。

こういう選手は、追い付かれても全然、怖くない。

足が遅くても、打点に入るのが上手い選手、いるじゃないですか。

そんな予測と判断力に優れた選手の方が、よっぽど試合では厄介です。

 

足が速いだけで満足している人、武器に出来ていないことを気付きましょう。

どんなに粘っても、それではアナタの体力が持ちません。

良いフットワークとは、良い攻撃につなげて勝利につなげてこそ。

意識改革、進めてみませんか?

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  2. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!

    今のボレー、つなぐの?決めるの?自分の中でハッキリしないプレー…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  4. テニス 準備

    フットワーク

    フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人

    フットワークは細かく!小さい歩幅で!私もよく、この言葉を聞いてまし…

  5. テニス 準備

    フットワーク

    変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

    試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合…

  6. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

    毎回、打った後に必要なこと。基本ですが、これをしっかり出来てい…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
  4. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く…
PAGE TOP