その他

「アドバイスいっぱい欲しいんだったら・・・」テニスコーチと選手の関係は積極的なコミュニケーションから

春に、高校生男子対象の春休み合同練習会を有明で開催している。

昨年から休み毎に行っている合同練習会、今回で4回目の開催となる。

 

「アドバイスいっぱい欲しいんだったら・・・」テニスコーチと選手の関係は積極的なコミュニケーションから

 

色んな学校のテニス部が参加してくれるんだけど、毎回参加してくれる学校もあるから、そんな学校の生徒達とは段々仲良くなってきた。

そうするとこっちもレッスン中、声を掛けやすいし、生徒達も俺に対して質問や悩みをぶつけやすくなる。

そうなると当然、「初めまして」の初参加の子供達よりもいっぱいアドバイスしてしまうし、より突っ込んだことも言ってあげられる。

出来るだけ参加者皆に対して、平等に接しようと思っているけど、こればっかりはしょうがない・・・。

そうなってしまうんだから。

でもこの扱いの差は「参加回数が多いから」というのではなく、積極的にコンタクトを取ってくれるからなのだ

だから「初めまして」という生徒達も、自分のテニスをアピールしてどんどん質問や疑問をぶつけてくれると、こちらも初対面だけど「ん?分かった。教えてあげよう!」と同じように接してあげられる。

コーチと選手の関係で大事なことは、両者が同じくらい情報を発信し合うことなんだよね。

どういう事かと言うと、「コーチは何か教えてくれる」としか思ってない選手は、完全に受身で情報発信ゼロなんだよ

こっちからアドバイスしにくい。

だから、コーチからたくさんアドバイスや情報が欲しいんだったら、選手からも同じくらい情報を出さないといけないのだ。

だから、こういう合同練習会に出席して、誰よりも俺からアドバイスがもらいたいんだったら、今思っていることや悩んでいること、自分の普段のプレーと試合のプレーの違いなんかをきちっと説明しないといけないんだよ。

自分の情報をコーチに向けてどんどん発信するのだ。

アドバイスもらった後に、そのアドバイスをもらってどう感じたかを伝えるのも重要

「ん?どういう意味だ?」とか「ちょっと違う気がする」という場合もちゃんとそれを言えば、コーチはまた違う方法を考えてくれたり、言い方を変えてくれるしね。

でもそう言っても、いきなり初対面のコーチに質問したりアピールしたりするのは難しい。

何言って良いかも分かんない場合あるし・・・。

そんな時は「こんにちは!!!」って大きな声で挨拶して、「上手くなりたいんですっ!」って言ってしまう。

それでも気持ちは通じるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス グリップテープ
  2. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから

    テニスの大会、個人戦を見るとほとんどの試合が「個人名(所属)」の形で、…

  3. テニス メンタル

    その他

    いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が足りない

    「この練習、実際身になっているのか?」「実際に上達につながるの…

  4. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

    「試合前に、どんなウォーミングアップをすれば良いんですか?」と…

  5. その他

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや?…

  6. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  4. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ネットプレイヤー対策に、「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付…
PAGE TOP