テニス 準備

その他

「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる

先日、「ゴルゴ13とテニス」ということで、テニスとゴルゴ13を重ね合わせて色々と考えたら面白かったので、それから他のアニメ
なんかも思わず考えてしまった。

そこで今回は「サザエさん」。

あのアニメに出てくる主要メンバーで、テニス選手として成功する可能性があるのは誰なのか、無駄ではあるが考えてみた。

 

「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる

 


 

まず候補としてはやはり運動神経を重視したくなる。

そうなると、カツオかサザエが有力候補。

サザエはただ、淡白なプレーに走りそうな気がする。

ショットの質は高いが、粘り強い相手などに勝てない選手になりそう。

タイ子とダブルス組ませたりしないと難しい気がする。

カツオは運動神経、頭の回転・・・からして第一候補と考えていたが、果たしてテニスが長続きするのかどうかが疑問である。

ワカメは意外と異性の存在に振り回される面があるのと、たまに手が付けられないくらい自己中心的でワガママになることがあるので安定した練習環境を作りにくく、却下。

中島はおじいちゃんに「ダメ!」って言われそうだから無し。

タラちゃんは大人には強気になれるのだが、イクラちゃんやリカちゃんといった同世代とのやり取りで負けることが多いので見込みは薄い。

イクラちゃんはスコアを言えないので除外。

波平は運動音痴、フネはテニスウェアより割烹着が似合うので辞退してもらおう。

そんな中、俺が「この人は・・・」と思ったのはノリスケ

フットワークの軽さとちょっとズル賢いというか、調子のいいところがあって、それがまた彼の魅力として皆に受け入れられている部分は、コーチやスポンサーにも気に入られるし、テニスという対人スポーツにはプラスに働きそうだ。

でも調子に乗って、練習サボったりすることも考えられる。

当然、担当コーチやスポンサーは激怒・・・ということも想像できる。

でももう一人候補がいるんだよ。

それは・・・リカちゃん

そこそこ運動神経良さそうだし、かなり自分という人間を意識しているからプライドもある。

タラちゃんをコントロールするなど、コートで相手と向き合った時の対人能力もあるし、何よりリカちゃんのお母さんがとてもバランスのとれた保護者に見えるので、リカちゃんを強い選手に育て上げるためのマネージメントをきっちりこなしてくれる気がする。

ま、色々と考えてみたけど、いくら予想してもあの世界は、皆あの年齢のまま何も変わらない。

でもじっくり考えると面白いよ。

皆はどう思う?

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること

    セルフジャッジの試合、みなさんも絶対経験があるはず。「今、カウ…

  2. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの

    どんなスポーツでも選手活動を続けるには、お金がいる。遠征費、ト…

  3. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ

    秋深まり、本格的なテニスシーズンになりましたね。一般の草大会も…

  4. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  5. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、…

  6. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

特集記事

  1. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いや…
  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶこと…
  4. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  5. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手
PAGE TOP