テニス 不器用

メンタル

「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

テニスに向いている、向いていない。

そんなことで悩んだことはありませんか?

私もよく、「テニスに向いているのは、どんな人ですか・・・?」と聞かれますが、この答えは無いような気がします。

あえて言えば、「自分自身を、よく知っている」人でしょうか・・・。

不器用だから、運動神経が悪いから。

そんな理由はイコール、テニスが向いていないなんてならないはず。

むしろ器用で何でも出来るという感覚を持っている人のほうが、成長が止まってテニスを辞めていく人が多いような気もします。

もしアナタ自身、悩んでいるならそれは大きなチャンスかも知れません。

 

「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

 

■不器用な選手ほど、試合では怖い

試合に強い選手、イメージしてみて下さい。

自分の身の丈を知っていて、丁寧にテニスをしてくる。

そんな選手は、決してセンスあふれるようなショットは打てなくても、ミスが少なくてしぶとい。

不器用さを知っているから、その戦い方に徹しているような選手は、プロ選手でもたくさんいます。

むしろ周りは器用な選手だと思っていても、本人はすごく「謙虚に、不器用に」テニスをしていることだって多いでしょう。

 

■対戦相手に、どう思われている?

ネットプレーが上手い、と私は思っていたある選手が言ったある一言。

「俺はボレーが苦手だから、ネットに出てロブが来るとラッキーと思う。だってスマッシュは楽だから。」

対戦相手は明らかにネットプレーを嫌がってロブを上げてきているのに、本人はネットプレーが得意だとは思っていない。

こういう思い込みって、すごくテニスの試合では多いと思います。

不器用さを自分で分かっているのなら、あえてネットプレーが上手いと演じてみるのも作戦の一手ですね。

 

■「テニスに向いていない」という、大きな勘違いと思い込みは捨てよう

試合に負けたりすると、自信を無くすことは多い。

そもそも大会に出ている方は、優勝しない限りは必ず悔しい想いをして会場を去らなければならないのです。

でもその感情を、自分に対して「そもそも・・・」とネガティブに捉え過ぎるのは良くない。

テニスに向いている人なんて、そもそもいないでしょう。

色々な要素が集まってプレーするのが、テニス。

どこかにアナタ自身が、活路を見出すことは出来るはずです。

 

器用な選手は、成長が難しい。

これは私がコーチ時代にかなり、悩まされてきたテーマです。

色々出来る人は、当然他のスポーツも楽しめるし誘惑も多い。

そして理想が高いから、すぐに高い技術を求めて試合で使えるようなスキルが育たない。

むしろ自分を知って、不器用に徹する選手のほうが成長できるし、対戦相手として怖い。

アナタの次の対戦相手、そんな選手かも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 練習
  2. テニス メンタル

    メンタル

    やってきたテニスに、影響を受けない人なんていない

    どうにも、何かを変えようにも難しい・・・。いや、それって当然な…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう

    先日、相談を頂いた学生の方で「後輩に負けて、悔しくて泣きそうです・・・…

  4. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

    テニスノート、皆さん・・・書けてますか?もちろん書いておくこと…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

    仕事に勉強に、人間関係・・・。私たちが生きていくのに、ストレス…

  6. メンタル

    動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し

    ダブルスの試合で、この意識があると楽。割り切ってしまえば、試合…

特集記事

  1. テニス 部活

    ストローク

    「コントロール系スィング」を身に付けて、テニスの試合でしっかり振り切れるスィング…
  2. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り
  3. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」ことで生じるメリット5つ
  4. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分
  5. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
PAGE TOP