テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない

「全てのボールには根拠がある」というのは、野球で名監督として実績を残した野村克也さんの言葉。

テニスにも、同じことが言えると私は思います。

刻一刻と変化していく状況の中で、「なぜこのボールを打ったのか?」を、アナタ自身根拠を持って説明できるかどうか。

まずはサーブやリターンから、初めてみてはどうでしょうか?

 

テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない

 


 

■サーブとリターンは、自分の意志を反映させやすい

テニスは相手が打ってくるボールに対して、自分で反応して打ち返すスポーツ。

ラリーはどちらかがミスする、ポイントを失うまで永遠と続きます。

ですので、さすがに「全部を想定通り」に進行するのはなかなか難しい。

ですが「静止」した状態から始められる、サーブやリターンは自分の頭で整理して決断した結果を反映させやすい。

特にサーブは、自分のペースで自分のやり方で打ち始めるショットですので、むしろ根拠が無ければ「何も考えていない・・・」という感じに受け取られてしまいます。

 

■シンプルに、「相手のどこを攻撃していくのか?」を定めよう

試合の中盤から後半では、漠然とラリーするのではなく、攻撃にポイントを絞りましょう。

ただ、「バックハンドを攻める」だけで勝てる相手もいるでしょうが、上のレベルになればそこで「スライスの構えになったら、自分からネットに出る!」などの、作戦を重ねていく。

例えばこの組み合わせも、アナタのテニスの選択におけり大事な根拠になります。

例え作戦が失敗して、負けてしまっても良いんです。

自分なりに根拠を持って、最後までやり遂げたかどうかが大事です。

 

■「なぜ?」という質問を、自分に繰り返してみよう

問題意識が強く持てる人は、テニスの上達も速い。

「なぜ、この練習をするのか?」

「なぜ、シード選手は負けないのだろう?」

「なぜ、自分のセカンドサーブは安定しないのか?」

という問題に、自分なりに根拠を考えてみる。

ただ教えられる、というテニスでは、試合の中で自分で根拠を見いだせない。

主体性のない選手になってしまうのです。

 

「根拠」について考える習慣が出来ると、自分の意見を持てるようになる。

そうすれば、テニスはもっと楽しくなるし成長できるということを、覚えておいて下さい。

このサイトで紹介している内容も、私なりに「根拠」があって書いているつもりです。

それでも、「間違ってるんじゃない?」という方がいて当然。

自分で考えて、その問題に対して自分なりの根拠を見つけてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  2. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

  3. テニス 雨
  4. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない

    「相変わらず、意識高い系ですね」年末年始に、久しぶりに会った…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう

    テニスの試合の中で、調子が上がらない時。手段の一つとして、私が…

  6. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

特集記事

  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  2. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう
  3. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみ…
  5. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?
PAGE TOP