テニス リターン

リターン

シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか?

4-4 30-40のブレイクポイントの場面、なんかまさにそう。

1セットマッチであれば、その1ポイントでほぼ勝負が決する。

そんなときに、アナタはどんなパターンを実践できますか?

具体的に準備しておけば、慌てず良い精神状態で臨めるはずです!

 

シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

 


 

1.ライジングショットでダウンザライン

マレー選手、錦織選手が得意にしているこのパターンは、シングルスのリターン攻撃の基本パターン。

セカンドサーブになれば、高い打点で打ち込んでいけるようにしっかり前に入りましょう。

ライジングショットでも、フラットになりすぎないようにしっかりスピン回転をかけること。

この意識があれば、アウトせずにしっかりコートに収まってくれる。

リターンはなぜか、フラット気味なショットになる人が多いので注意が必要です。

 

2.スライスアプローチからのネットダッシュ

ここぞという場面では、ネットダッシュが有効です。

相手もミス出来ない場面ですので、弱気なプレーになりがちなはず。

もしかしたら、パッシングではなくロブで逃げてくるかも・・・というのも、頭に入れておきましょう。

アグレッシブなプレーはリターン側からこそ、仕掛けやすい。

シングルスではネットに出るのが怖いという人も、とにかく大事なポイントでは先に仕掛ける勇気を持ちましょう!

 

3.リターンからのドロップショット大作戦

これは大作戦です。

厳しいサーブであれば難しいですが、セカンドサーブ、もしチャンスがあれば繰り出してみましょう。

打ったらアナタも前に行って、ドロップショット返しをケアすること。

この動きを組み合わせれば、相手は慌てつつ打つ場所に迷う・・・結果ミスしてくれる、という可能性も高い。

自分がミスしてブレイクされる、というのは、絶対に次のゲームも引きずるはず。

相手のメンタルを壊してしまうのは、こういった思い切った作戦からが有効です。

 

4.今までに隠しておいた攻撃パターン

今までの試合の中で、自分がどういうポイントの取得方法、攻撃をしてきたかを確認してみましょう。

そして、まだ繰り出していない「手」があるかどうかを確認。

出来れば、試合後半に残しておきたいのが、アナタの「本当に得意なショット」です。

このショットをリターンから、相手の意表を突いて繰り出していくことが出来れば、相手は絶対に嫌なはず。

まずは自分の手持ち武器から、しっかり書き出して確認してみましょう!

 

自分の武器を確認する、という作業は難しいとよく言われます。

「ストロークも普通だし、ボレーもそんなに出来ないし・・・」と言っている方は、誰かと比較してませんか?

それは上手い人と比べれば、私でも使える武器は無くなってしまいます。

そうではなく、アナタ自身が「得意だと思うこと、好きなこと」でまずは良いんです。

書いてみて、整理しておけば、大事な場面での攻撃にきっと役立つことでしょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. リターン

    錦織選手に学ぶ、「ビッグサーバーとはこう戦え」

    先ほど、見事3回戦も勝利!それにしても、2回戦のカルロビッチ…

  2. リターン

    「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない

    気が付かないうちに、油断してしまう。これは、テニスの試合でよく…

  3. リターン

    クロスへの強烈なリターン、をまず消そう

    ダブルスの試合で、「まずいな・・・」と感じる場面。みなさん、ど…

  4. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

  5. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。…

特集記事

  1. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  2. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる
  3. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?
  4. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
  5. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
PAGE TOP