テニス ボレー

ダブルス

ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅すぎる

ダブルスの試合では、前衛と後衛がはっきりしている陣形がほとんど。

ということは、当然前衛の上は狙われるのがテニスの常。

その為に後衛がカバーできるポジションで構えている訳ですが、ロブで抜かれる前衛にも色々なケースがあるのを知っていますか?

決断力速く任せる人、自分で強引に打ちにいく人・・・でも、一番困るのは、「打とうとしたけど、やっぱりお願い!」と途中から任せてしまう人。

アナタ自身、そんなプレーになってはいませんか?

 

ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅すぎる

 


 

1.打つ素振りを少しでも見せたら、打ち切るのが前衛の仕事

前衛には攻撃の優先権があります。

後衛が後ろにいるからこそ、アグレッシブに攻撃に専念できる。

そこには大きな決断力が伴わなければいけません。

それは、ロブに対しても同じ。

相手が打った瞬間に、自分が打てるのか、それともナイスロブで厳しいので後衛に任せるのか。

その判断は「前衛」が優先。

試合後半では、相手の傾向をつかんだ予測も必要です。

少しでも打つ素振りを見せたら、そのまま必ず自分自身で打つように強い意志を持ちましょう。

 

2.前衛こそ、味方のペアに声を出そう!

前衛が決断したら、素早く後衛に伝える。

何も言わないでプレーしている前衛は、後衛のことを考えているとは思えない。

後衛がカバーに走る分だけ、自分達の陣形は崩れてしまうのです。

任せるなら速く任せて、自分は反対側のサイドへチェンジする。

この連動性は、ダブルスのペアの熟練度が最も表れやすい部分です。

 

3.ロブを後衛に任せるときは、本当に厳しいロブのときだけ

基本的にポーチに出ない、ニュートラルなポジションにいるときには、スマッシュは必ず前衛が打ち切りたい。

その為には、まず強い意志が必要です。

後衛に任せてラリーを繋いでも、それは相手のペースのラリーであることは言うまでもまりませんね。

「お願い癖」が付いてしまっている前衛ほど、相手にとってやりやすい相手はいない。

だってロブを上げていれば良い訳ですから。

後衛がいくら攻撃してチャンスになりそうでも、そこで逃げ場を作ってしまってはダブルスの試合になりません。

 

主に女子ダブルスで、よく見る場面なような気がします。

確かにスマッシュは、上背が無い女性にとっては難しい技術です。

ロブの名手が女性に多いのも、うなずけますね。

そう考えると・・・スマッシュをしっかり打てる前衛になれば、お願いしない前衛になれば、試合に勝てるとは思いませんか?

ワクワクしてきたアナタ、きっと素晴らしいダブルスプレイヤーになれる素質があるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  2. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  3. ダブルス

    前に出ることで、相手は変化を 求められるのがテニス

    テニスは、相手のポジションによって求められるものが違う。前に…

  4. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、「斜め後ろに下がりながらポーチ」を使える男性は強い

    ミックスダブルス、しっかり女性をサポート出来る男性、カッコイイですよね…

特集記事

  1. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  2. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
  4. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  5. テニス ハードコート

    練習メニュー

    テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を
PAGE TOP