ボレー

  1. テニス リターン

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイントが獲れる!

    「まずい、打たれる!」と思って態勢を低くし、捕球できる準備をしても「自分がケアしていないコース」に打たれてしまう・・・。強い対戦相手と試合をすると、そん…

  2. テニス コントロール

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきます。それでも硬式テニスではボール自体に威力があるので、自分から力を伝え過ぎるとボー…

  3. テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレーする」というのがあります。特にテニスを初めて1年くらいで、ようやくボレーも返るよう…

  4. テニス メンタル

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!と気合いを入れても、パートナーのサーブ力が弱くて動けない、ストレートをケアしてしま…

  5. テニス ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多いと思います。ボレー対ボレーの、ネット近くで行う基本的なラリー練習。動作も…

  6. テニス ドロップショット

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。試合の中で一度は経験したいショットですよね。しかし実際は難しいテニス技術の一つ…

  7. テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ

    ダブルスで前衛にいるときに、心のどこかで思っていませんか?「バックのハイボレーに来たら、困るな・・・」と。どこかに不安要素があると、積極的に触りにいくネ…

  8. 「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが「慌ててしまう」こと。練習ではしっかり出来ているのに、試合になると途端にテイクバックが…

  9. テニス ストローク

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じで、皆さんも経験してきたと思います。このボレーについては、なかなか上手くコントロー…

  10. テニス ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立つのがバックハンドボレー。シングルハンドなのに、しっかり叩きつけるようなボレーは決…

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、「ピンチを乗り切った後」に乗っていけるかどうかが大事なポイント…
  2. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  4. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?
PAGE TOP