練習メニュー

  1. 試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い

    テニスの練習、部活やチーム、サークルで頑張っている皆さんは多いと思います。でも、「毎日の練習、これで良いんだろうか・・・?」と思って悩んでいる方も、たく…

  2. テニス

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー

    今回は、参考となる動画を元に練習メニューをピックアップ。ネット近くで俊敏に動きたい、ダブルスプレーヤーなら取り入れておきたいメニューです。ボレー…

  3. テニス メンタル

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー対、ストローク。コートの縦半面、または3列、クロスでやる場合も多いですよね。…

  4. テニス ダブルス

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事

    見落とされがちだけど、大事な個人練習。それは素振り、です。私自身、この素振りを工夫してきたからこそ今がある、と声を大にして言える。皆さん…

  5. テニス 知識

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非常に難しい、ですが今回は私なりの考え方を書いてみたいと思います。色々な人、考えがあ…

  6. テニス 緊張

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

    「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。まだ見ぬ皆さんに良い練習方法のアドバイスは難しいですが、結果的に良い練習、になるの…

  7. テニス ダブルス

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない

    「今日の練習、何する?」から、何も進まないで結局いつものラリー形式からの試合、ばかりになってしまうチーム。そういう日があっても良いと思いますが、…

  8. テニス ダブルス

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。と同時に、安定感もあると試合で優位ですよね。改めて、硬式テニスならではのこの「…

  9. テニス 練習

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!でも、ついいつも同じ内容でマンネリになりがち・・・なことは無いですか?そんなとき…

  10. テニス メンタル

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合に勝てるチームになっていくのか。この部分については、テニス独特のこのテーマ、が大事…

  1. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
  2. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的…
  3. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  4. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  5. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
PAGE TOP