ストローク

  1. テニス コントロール

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

    ドロップショットを、試合の中で使っていく時。この要素を加味出来ると、すごく効果的です。テニスは、「打ったら戻る」の繰り返しの競技。だから…

  2. テニス 構え

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何となく」ラケット動作を止めて、当てにいくようなストロークになっている人は多いですよね。…

  3. テニス ボレー

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでもストロークでも、リターンでも、この返球が難しいですよね。慌ててしまうと、つい振って…

  4. テニス ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中で、大事なのはしっかり「攻撃していく」ということ。自分はストローク力が無い、と嘆く…

  5. テニス メンタル

    どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる

    テニスの試合に出ているみなさんは、練習との違い、これを感じているはずです。試合では、とにかく相手がしぶとい。練習のように、簡単には諦めてくれない…

  6. テニス メンタル

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?

    最近よく、頂くご質問の中から。「片手バックハンドストロークですが、イマイチ武器として使えません」という内容、結構同じ悩みを持つ方多いんじゃないでしょうか…

  7. テニス メンタル

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

    ストロークで相手を攻撃していくとき。みなさん、どんな場面を想定しますか?相手のボールが浅い時?もちろん、それも有効なタイミングですが、実…

  8. テニス メンタル

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころは、何も考えないで打てていたフォアハンドが、打てなくなる。これには、色々と要因があ…

  9. 精度の高いドロップショットは、ココが違う

    試合でドロップショットを使っていくとき、その精度も大事になる。プロ選手の試合を観ていると、相手の足が速いのに追いつけないようなドロップショット、あります…

  10. 深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。こんな時に、ほとんどの人はパニックになって慌てて良い返球が出来ない。でも、ちょ…

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けた…
  4. テニス 練習

    その他

    T-PRESSへのご意見・ご感想についてはコチラ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ
PAGE TOP