ストローク

  1. ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

    深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。試合で相手を押し込めないと、結果的に焦ってミスになってしまいますよね。ストロークの深さ、につ…

  2. テニス ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いスライスをちゃんと返球出来る人なんて、そう試合会場で多くないですよ。であれば、打てる…

  3. フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

    どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。パワーのあるショットを打つ、ということは、アナタ自身にとって必要なこと。繰…

  4. 人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる

    試合でこんな経験、みなさんはありませんか?「どうしても、入れたい」「ミスしたくない」と思うと、スピンやスライスの回転を異常にかけたくなる…

  5. テニス ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い

    試合の中で、気にしなくて良いミス。それの代表作は、まさにコレでしょう。安易に打ってミス、はダメですが、基本は気にしなくてOK。なぜならド…

  6. テニス リターン

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

    低い打点のストローク、打ち辛いですよね試合で差が出るのって、この部分。実際、低い打点のストロークを、どうさばけるのか、が大事になって来ます。…

  7. テニス ストローク

    なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

    昨日の試合でも、このショットには何度もしびれました。鋭いバックハンドを、少しだけショートクロス気味に打つ、錦織選手の得意技。ネットを越えてサイド…

  8. テニス リターン

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる

    みなさんの試合の中で、ストロークのミスが増える時それはどんな時でしょうか?自分で自覚があれば、それを相手にやらせれば良い。ただ動かすだけ…

  9. テニス ステップ

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

    試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。私が考える基本、について今回はまとめてみます。最短距離でまっすぐ打ちたいところで…

  10. テニス ガスケ

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で

    試合で使えるパッシングショット。みなさん、相手が前に出て来たときに、上手く使えてますか?何度か書いて来ましたが、相手に「触らせる」くらいの意識で…

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例…
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?
  3. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  5. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!
PAGE TOP