ストローク

  1. テニス ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得出来るものに仕上げていきませんか?バックハンドストローク、皆さんどうでしょう?…

  2. テニス フットワーク

    ネットプレイヤー対策に、「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そんなの、パッシングを速く打てば良いじゃない」と思うかも知れませんが、それは甘い考え。…

  3. テニス 打点

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、改めて。相手が打った瞬間から、テニスは対応の素早さが求められる…

  4. テニス ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

    「どうしても、手打ちを直したいんです・・・」「手打ちは直した方が良いですよ、と言われても何を変えたら良いのか分からない・・・」こういう声を、よく…

  5. テニス ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

    ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。プロ選手の試合ばかり観ていると、ある特徴に意識が強くなる。でも、よく考えてみると・・・本当に…

  6. テニス 錦織圭

    浅いボールを攻撃出来ない人は、相手のボールがバウンドする前に「足」から決めて形を作ろう

    ストロークで浅いボールを攻撃していくとき、のちょっとしたコツを。意外と下半身に意識が薄い人が多いので、ここを改善するだけでかなり変わるはずです。…

  7. テニス ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、ラケット面の少し下側で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?フォアハンドと違って、中途半端な「フラット気味」なショットになっている可能性が高い方も、…

  8. テニス ポジショニング

    両手バックハンドのパッシングショットは、「打ったらラケットを身体に引き寄せる」くらいで良い

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。私の感覚では、学生の皆さんもすごくパッシングショットが上手い選手が多い。トップス…

  9. テニス スライス

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。特に、強い選手とシングルスの試合をすると、そうですよね。やっと届いて、打点が後…

  10. テニス ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、速い展開で「準備不足」に陥れよう

    試合の中で、相手のどこを観察するか。私ならまず、「テイクバックの大きさ」からチェックする。なぜなら、ココを見ておけば相手の「攻撃力」を削げる可能…

  1. ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう…
  2. ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっ…
  3. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
  4. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れるこ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」なのです…
PAGE TOP