メンタル

  1. テニス トレーニング

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。私は、ちょっとした「背伸び」は大事だと思うんです、テニスでも。でも、あまりに…

  2. 伸び悩みの時期、は必ず終わります

    何を根拠に?と言われれば、それはアナタ自身。きっと、このT-PRESSのサイトをご覧になっている方は、伸び悩んでいる時期を越えていける。私はそう…

  3. テニス フェデラー

    失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう

    テニスの試合では、各ポイント、得点しか失点しか無い。だからこそ、アナタ自身準備しておきたいこと。それは、「失点のときの雰囲気」でしょう。…

  4. テニス リターン

    思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

    思い切った作戦、みなさん実行出来てますか?実際にリスクを伴いますから、緊張した場面では怖いですよね。でも、こういう考え方もできると思いませんか?…

  5. テニス 打点

    置きにいってのミス、がテニスの試合では一番痛い

    テニスの試合、何が怖いってこれが怖い。大事に大事に、置きにいったような打ち方で、しかも入らない。こうなると、もう試合でパニックになってしまうんで…

  6. テニス メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

    試合の中で、メンタルが強く崩れない人。それは、シンプルにこういう人だと思いますよ。どんなに落ち着いている人だって、その瞬間、瞬間は、興奮したり落…

  7. テニス メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している

    試合でみなさんは、緊張しますか?人により差はあると思いますが、少なからず、緊張する場面はあるはず。この場面で、どういうパフォーマンスを発揮出来る…

  8. テニス ストローク

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょうでしょうか?私は、自慢では無いですが、言えます。というよりも、守備にはす…

  9. テニス メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

    何度か書いて来ましたが、改めて。大事なことは、すみません、何度も書きます。試合に出ている、出続けている限り、最も手ごわい対戦相手はシード選手じゃ…

  10. テニス テニスボール

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

    試合で必要なメンタル。練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間にか逆になってしまう。これは、よくある話です。部活でもサークルでもテニスス…

  1. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「スコアを追いつくこと目標」になってしまっていると、逆転なんて…
  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝…
  5. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
PAGE TOP