試合で使える

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーやラグビー、他の競技がそうであるように、ボールを追いかけ回すという意識を卒業しないと、テニス…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、打点が近過ぎることが多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、ビビッて入らなくなってしまう問題、です。私も、経験あります。でも、その「傾…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときには、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと意味が無い

    テニスの試合で強い人は、良い意味で「うざさ」がある。うざい・・・って悪口のようですが、テニスの試合ではやっぱり必要。そう、相手にうざがられるのっ…

  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

    「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。私も経験がありますが、球出し練習って気を付けないと試合とのギャップが生まれやすい。…

  5. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業が必要になる

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、スポーツは突き詰めたところで遊びですから、自分で工夫して楽しむから楽しい。ですが、自…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は、「サービスラインの手前」で全然良い

    サーブ&ボレー、ダブルスなら並行陣で使う方多いですよね。サーブ&ボレーで大事なのはボレーの技術・・・はもちろんなんですが、それよりも、しっかりステップす…

  7. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるようになると強くなった証

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。それは、「長いラリーが苦手」ということ。長いラリーを避けている選手は、やっぱり試合で…

  8. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さがあっても良い

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?私の印象だと、結構「まじめにオールラウンドに」攻撃していく選手が多い。特に学生の皆…

  9. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で勝ちたければ、「オムニコートが得意な選手」、「ハードコートが得意な選手」の基本スタイル…

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと、ハードコート。クレーコートもあると思いますが、これはオムニコートと同類と考えてO…

  10. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は、まずココを変えてみよう

    試合中、どうしようも無い不安に襲われるとき。それは、「また同じミスしてしまうんじゃ・・・」と考えてしまうときじゃないですか?ダブルスでリターンミ…

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなけ…
  3. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  4. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?
  5. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
PAGE TOP