攻撃

  1. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい

    連続攻撃で、相手に時間を与えないストローク。錦織選手も得意とする展開ですが、皆さんもこのポイントを意識すれば出来るはず。逆に、意識を間違うとミス…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サーブのコースを予測して、踏み込んでいくリターン」は脅威だということ。そう考えると、…

  3. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず「相手にフリーポイントを与えない」ことから意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍醐味でもある。強い相手、格上の相手ほど大事なのは、この意識。テニスならでは…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、実は「フォアハンド側への連続攻撃」です

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。今回は、一つのヒントになれればと思うネタ、で書いてみます。バックハンド狙いが…

  5. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠な武器ですよね。全仏オープンでも、今残っている選手はほとんどが得意にしているこの展…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全仏オープンはクレーコートで長い試合、というイメージが皆さんも多いと思います。確かに…

  7. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のダブルスゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチームの皆さん、今回はこんな特別形式の練習、やってみませんか?通常の試合のルールとは違…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」がある程度分かる。伸びが少ない、威力が足りない選手はテイクバックの形が窮屈なケースが多…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、「自分が思っているよりも、しっかり肩を入れて」相手に背中を向けよう

    テニスの試合の中で、多く使う逆クロス方向へのショット。特にフォアハンドは、アナタのストロークでも生命線なはずです。今回紹介するポイントは、逆クロ…

  10. テニス ドロップショット

    ボレー

    ボレーを「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成です

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通のボレーも怪しいのに、そんな難しい技術は出来ないと思っている皆さん。それって、勘違…

  1. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  2. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「予測が当たったら攻勢に出ること」を忘れないように
  3. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありま…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「序盤にリードして少しずつ追いつかれてきた・・・」ら、アナタならど…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識…
PAGE TOP