安定感

  1. ボレー

    「延長線上」というキーワード

    プロ選手の練習を見ていて、そしてお話をお伺いして感じたこと。ボレーでは、「延長線上」という言葉がよく出て来ました。これは、すごく私たちのテニス…

  2. メンタル

    メンタルが強い人は、〇〇を持っているだけ

    試合で崩れない人、メンタルが強そうに見える人。相手にすると、厄介ですよね…ミスから崩れない、というだけでプレッシャーになるのがテニス。でも、そ…

  3. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策

    みなさんも、ネットプレーで足下のボール、苦労しますよね。基本に忠実に打つと、当然低い態勢で足を出して…となるんでしょうが、試合の現場でそれ、出来ますか…

  4. リターン

    リターンで踏み込んで満足、してない?

    前に踏み込んで、ナイスリターン!これ、だけで満足してはいませんか?リターンに集中し過ぎてしまうと、次に遅れてしまう。特に、ダブルスでプ…

  5. ストローク

    テニスでミスを減らすということは、振り切るということ

    「ミスが少ない方が、試合では強い」分かっちゃいるけど、なかなかミスが減らない・・・人も多いですよね。私が考える、ミスを減らす道はこれしかない。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでのボールとの距離感、どっちの足基準?

    ネットプレーでバシッと良いボレーを打つ。これ、上手い人のボレーを見ているとすごく簡単そうですよね。そこまで動いていないのに、しっかり打点がブレ…

  7. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点出来るかどうか、が決まりますよね。サービスエースを量産出来る人なんて、一般の試合に…

  8. サーブ

    甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?

    これから、サーブ&ボレーにトライしたい。そう考えているみなさんに、私のスタンスとしている部分を、まとめてみます。サーブが良くないと、前に出るの…

  9. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ないショットですが、入る、入らないでは大きく変わって来ます。大事な場面で入らない人は、…

  10. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画

    ダブルスの試合で、前に出て戦いたい。だけど、並行陣で挑んでもなかなか勝てない、とお悩みの方はどうすれば良いのか。まず、このポイントをチェックして…

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ
  4. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
  5. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK
PAGE TOP