前衛

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチボレーを確実に決めるなら、「通り過ぎた側のボレー」もしっかり準備を!

    ダブルスのポーチボレー、決まると一気に盛り上がりますよね。ですが、ポーチに決定力が無い前衛にはある問題がある。それは、ボレーの技術・・・だけじゃ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときには、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと意味が無い

    テニスの試合で強い人は、良い意味で「うざさ」がある。うざい・・・って悪口のようですが、テニスの試合ではやっぱり必要。そう、相手にうざがられるのっ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を持っていますか?ハッキリ、前に詰める?ロブを警戒?大事なのは、何パ…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、コレでしょう。ロブに対する動きで味方を騙してばかりの人、本当にペアを組んでもらえな…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの試合、前衛が自分の外側、つまりはストレートを「守る」という行為について。実際に、ガ…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    自分のスマッシュに「決定力が無い・・・」と感じている人が意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ばっかりの人はともかく、なかなかスマッシュって得意と呼べるまでには厳しい練習が必要。…

  7. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキッ」とした方は、まだまだ成長出来る。「なんでダメなの?」と思った方、かなり危険な感じになっ…

  8. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ、ダブルスの試合で使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私は間違いなくこう答えます。どうも勘違いしている方が多いようですので、再度このテーマについて…

  9. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポイントで多い・・・ですよね。30-40や40-30、またはアドバンテージ○○、といったとき…

  10. スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意識が必要です

    スマッシュと言えば、攻撃力!ですが・・・実際の試合では、どうでしょう?どこか入れるだけ、つなぐ感じになって、結局相手に反撃されてしまっていませんか?…

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには…
  3. その他

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
  5. リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
PAGE TOP