シングルス

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュで入りましょう!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでしょうか?皆さん、何か自分を変えたければ、試合の入り方を変えたい。今回は、自…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには、まず「相手の気持ちになって考えてみる」ことで…

    自分のサービスゲーム、気が付けば0-40のスコアに。試合の中では、ありえる場面ですよね。ここで、サーブを打つアナタは、何を考えないといけないのか…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、アングルショットのような「走らせるショットを打った後」が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れている選手は、そこから本領を発揮してくることを忘れてはいけない。走りながら考えて、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「アプローチショットはシンプルに、勝負はあくまでネットプレー」でいこう!

    試合の緊張した場面、ここぞというポイント。そんな場面でこそネットに出てプレッシャーをかける、ことの大切さをこのサイトでは書いてきました。意識とし…

  5. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは、どこかで「割り切れていない」からかも知れません。相手のサーブがすごく良い、それな…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、「センターの深いボールから、無理してサイドに展開」する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、ついシングルスの試合で自滅していること、ありませんか?きっと、自滅している人には共…

  7. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」テニス選手として上を目指すなら、同じ対戦相手との試合は繰り返されると覚悟…

    テニス選手として、成長していくということ。と、この問題は切っても切れない関係にあります。シード選手になれば、当然対戦相手はシード選手という機会が…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    試合のラリーの中で、「コースを変える」ときにミスが増えるのは、なぜ?

    「よし、ここでストレートだ!」と思って、展開を変えていく。コースを変えて攻撃、テニスでは必要ですよね。ですが・・・なぜそこで、急に力を入れてボー…

  9. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら、「相手を前に出すか、自分が前に出るか」の選択肢しか無いはず

    今回はちょっと極端な例のお話を。私が去年、シングルスの試合をする機会があったときに・・・もう、とにかくストロークがすごい、敵わないと思う相手でした。…

  10. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」と思っていると、アナタはずっと鴨と思われて終わる

    テニスは、ゲームやセットを取らないと意味が無い。確かに、そうです、スコア上は。でも、自分のサービスゲームで0-40の場面、で何が出来るのか。…

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「スマッシュで決め切るパワーが足りない・・・」と感じている人は、スタンス広めの意…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5…
  4. その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然…
PAGE TOP