過去の記事一覧

  1. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由

    ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがあるそれは、相手前衛が飛び出して来た時、にすごく感じることが出来ます。早く相手コートに返球出来ることで…

  2. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画

    ダブルスの試合で、前に出て戦いたい。だけど、並行陣で挑んでもなかなか勝てない、とお悩みの方はどうすれば良いのか。まず、このポイントをチェックして…

  3. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつなげるのに、テニスでは必要なショットですよね。コレに必要な要素は、意識次第で誰でも身…

  4. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。ある決断をして、やり切るだけです。テニスの安定感は、ボールに回転をかけるこ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK

    サーブを簡単にリターンされて、苦しいという方。きっと、サーブのコースを完全に相手に読まれてると思うんですよね。意識したいのは、厳しいコースではな…

  6. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります一つピックアップすると、テニスの試合では、練習と違い前後に動くケースが圧倒的に多い。…

  7. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

    試合に負ける、ということ。私たちは大人になっても、この経験が出来るんです。いや、勝ちたいですよ、そりゃ。でも私も30過ぎて感じるんですが…

  8. テニススクール

    ボレー練習、無意味なのはコチラ

    普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。結構、意識しないと見えて来ないですよ。特に、ボレー練習。あるポイントを間違えると、試合ではほ…

  9. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポイント以上の価値があります。相手のショックは計り知れない、でしょう。スマッ…

  10. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

    試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。それは、アナタ自身の技術不足、ではありません。ちょっとした、工夫とコツが足りないだけです。テニス…

特集記事

  1. メンタル

    技術の前に、攻撃のメンタルが足りない
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
PAGE TOP