テニス 観察

メンタル

テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日は書いておきたいと思います。

彼は大学体育会テニス部のキャプテンとして、日々練習メニューを考えたりしながら、勝てるチームを目指して頑張っているとのこと。

それでも、実際には「空回り状態」になってしまうことも多く、辞めていってしまう部員もおり悩んでいるようでした。

同じような悩みを抱えているテニス部のキャプテンや部長の皆さん、もう少し楽に考えてみませんか?

 

テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

 


 

■まずはしっかり仲間と観て、それから話を聞いてみる

テニスは個人競技。

とはいえ、チームで成長していかない限り、アナタ自身の個人の成長も難しい。

日々の練習の精度を上げてこそ、テニスの実力はレベルアップしていくもの。

つい、テニスに対して真剣であるがゆえに仲間とのコミュニケーションも少なくなってしまい、誤解を生んでそのまま歪みになってしまうようなケースが多いようです。

キャプテンであるアナタは、仲間のことをどれくらい知っていますか?

どれくらい日々、観察していますか?

しっかり観てあげたうえで、相手の話を聞いてみる。

どんな考えなのか、テニスについてどう考えているのか、学業とのバランスは・・・という、少し重たいテーマでも、話を聞いてみることが第一歩。

その大前提としては、しっかりと相手のテニスを観てから行動に移す、です。

 

■人はどこかで「自分を観て欲しい、認めて欲しい」と願っている

きっとしっかり観てくれていると分かれば、アナタの話にもきっと耳を傾けてくれる。

「ボレーを最近変えようとしてるけど、上手くいってる?」というような、些細なことでも全然OK。

練習メニューを提示してただ押し付けるのではなく、一緒に同じ方向を向いていこうという意志表示になります。

アナタ自身も経験があると思いますが、人は必ず、誰かに認められたいと心の願っている。

身近なキャプテンが観てくれている、と感じるだけで、部の雰囲気はがらっと変わるでしょう。

 

■全てをキャプテン一人で背負わず、一緒に悩んで前を向いていくチームに

強いチームは、とにかくコミュニケーションが盛んです。

キャプテンもどんどん1年生に話しかけるし、練習メニューの提案は下級生から出て来る。

「そんなの、理想論だ・・・」と思っている方、きっと少しのアクションで波が出来ることを、まだ知らないだけの話。

悩んでいるということは、上手くなりたい、もっとよくしたいという心の底からの想いがあるからこそ。

とにかく周りに話してみるよう、一度勇気を出してみましょう。

毎日繰り返している練習や習慣、全て「こうあるべき」というものなんて無い。

だから今いるメンバーで話して、より良いものに変えていくことが大事なのです。

 

堅い感じになってしまいましたが、まずは、「色々周りの人と、もっと話してみようよ」ということ。

みんなテニスが好きで、試合にも勝ちたいから頑張っている。

少し人に話すだけで気も楽になりますし、話しかけられたほうも楽になる。

まずは仲間をしっかり観てみましょう。

そしてその後は、しっかりチーム内で競争です。

きっと新しい発見とチームを強くするヒントが、そこにはあるはずです。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。…

  2. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  3. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い

    メンタルが強い、弱いという話。これって、何度も書いて来ましたが…

  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスは「試合に出れるようになってから出る」という発想は、必要無い

    試合に出るには、実力が必要?それなりには必要?もちろん…

  5. テニス センス
  6. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
  3. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識と…
  5. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いとい…
PAGE TOP