テニス ダブルス

戦術

テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

「アナタの武器、何ですか?」

と聞かれて、皆さんはパッと答えが出てくるでしょうか?

悩んでしまう人、心配いりません。

これからしっかり、武器を育てていけば良いんです。

その武器の要素は、意外なところに潜んでいるかも知れませんよ。

 

テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

 


 

1.作りやすい武器は、誰でも持ちやすい武器

テニスに限らずですが、武器にしやすいショットには共通点がある。

攻撃していきやすい、そもそも身体の構造上、動かしやすいショットで相手に脅威になるショット。

テニスではフォアハンドストローク、なんかまさにそうですね。

ですがそれって、みんなが意識していることだし、みんなが武器にしやすいショットとも言える。

そうなると、対応策もたくさん出回るし、なかなか有効な武器としては試合で使い辛い。

「フォアハンドが武器です!」と言えるには、かなりのレベルまでもっていかないと通用しないのです。

 

2.「弱点」だと思っているショットに、打開策があるケースが多い

実は、アナタ自身が弱点と思っているショットこそ宝の山。

なぜなら、思い込みで弱点と思っているだけでほとんど「練習も実践もしていない」ケースが多いから。

ボレーが苦手な人が、意外とやってみたら出来たり。

身長が高いからサーブを自分の武器だと思い込んでいた人が、実は手足が長いリーチを活かしたリターンの方が伸びしろがあったりする。

先入観で弱点と思っているショットは、まだまだ開拓が可能なはずです!

 

3.「弱点を補う」という発想は、辞めよう!

よく、「弱点を補う、カバーする」ことの重要性を説く人がいます。

非常に日本人らしい考えだと思うんですが、もっと発想を変えて弱点を武器に変えていく、くらいで良い。

弱点を補っても、マイナスを0にするだけ。

そんな発想では、恐らく0にもならない。

本気で武器にすると考えて取り組んで、結果的に0か1、2になるくらいがほとんどのケースでしょう。

アナタ自身にこの意識、ありますか?

 

弱点の視点を変える。

これだけで、テニス選手としての資質が変わっていくと、私は信じています。

避けていないで、思い切りトライしてみる。

まだまだ眠っている、アナタのテニスの才能があるはずです。

最初は壁に跳ね返されるかも知れませんが、何度も形を変えながらぶつかっていきましょう!

 

今回のまとめ

自分に対する先入観、一度真っ新にして考えてみよう!

 

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識

    試合でリードしても、途中で追い付かれて負けてしまう・・・まくられる癖、…

  2. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう

    試合の進むスピード、は一定だと思いますか?私は、そうでも無いと…

  3. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  4. 戦術

    決める力が無い、という勘違い

    アナタ自身が、もしテニスを上手くなりたいと思っているなら。ど…

  5. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由5つ

    予選が始まり、もうすぐ本戦の開幕を迎える全米オープン。4大大会…

  6. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?
  2. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい
  3. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  4. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する
PAGE TOP