テニス ダブルス

戦術

テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

「アナタの武器、何ですか?」

と聞かれて、皆さんはパッと答えが出てくるでしょうか?

悩んでしまう人、心配いりません。

これからしっかり、武器を育てていけば良いんです。

その武器の要素は、意外なところに潜んでいるかも知れませんよ。

 

テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

 


 

1.作りやすい武器は、誰でも持ちやすい武器

テニスに限らずですが、武器にしやすいショットには共通点がある。

攻撃していきやすい、そもそも身体の構造上、動かしやすいショットで相手に脅威になるショット。

テニスではフォアハンドストローク、なんかまさにそうですね。

ですがそれって、みんなが意識していることだし、みんなが武器にしやすいショットとも言える。

そうなると、対応策もたくさん出回るし、なかなか有効な武器としては試合で使い辛い。

「フォアハンドが武器です!」と言えるには、かなりのレベルまでもっていかないと通用しないのです。

 

2.「弱点」だと思っているショットに、打開策があるケースが多い

実は、アナタ自身が弱点と思っているショットこそ宝の山。

なぜなら、思い込みで弱点と思っているだけでほとんど「練習も実践もしていない」ケースが多いから。

ボレーが苦手な人が、意外とやってみたら出来たり。

身長が高いからサーブを自分の武器だと思い込んでいた人が、実は手足が長いリーチを活かしたリターンの方が伸びしろがあったりする。

先入観で弱点と思っているショットは、まだまだ開拓が可能なはずです!

 

3.「弱点を補う」という発想は、辞めよう!

よく、「弱点を補う、カバーする」ことの重要性を説く人がいます。

非常に日本人らしい考えだと思うんですが、もっと発想を変えて弱点を武器に変えていく、くらいで良い。

弱点を補っても、マイナスを0にするだけ。

そんな発想では、恐らく0にもならない。

本気で武器にすると考えて取り組んで、結果的に0か1、2になるくらいがほとんどのケースでしょう。

アナタ自身にこの意識、ありますか?

 

弱点の視点を変える。

これだけで、テニス選手としての資質が変わっていくと、私は信じています。

避けていないで、思い切りトライしてみる。

まだまだ眠っている、アナタのテニスの才能があるはずです。

最初は壁に跳ね返されるかも知れませんが、何度も形を変えながらぶつかっていきましょう!

 

今回のまとめ

自分に対する先入観、一度真っ新にして考えてみよう!

 

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない

    数値は絶対値。1は2より小さいし、3は2より大きい。こ…

  2. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる

    強烈なフォアハンド、触れないサーブ、華麗なネットプレー。誰だっ…

  3. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

  4. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?

    最近強い人のテニスを観ていて、感じること。みなさん、必ず下が…

  5. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう

    試合で対戦していて、印象に残っている選手。みなさんの周りにも…

  6. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  2. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
  4. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
PAGE TOP