テニス ボレー

スマッシュ

試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。

そんな人には、ある共通点がある。

一番分かりやすいのは、スマッシュのとき。

スマッシュのような「フィニッシュショット」で且つ「モーションが大きくなりがち」なショットでは、油断が表に出やすいのです。

 

試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

 


 

■スマッシュは「ミス」か「エース」、という大味なテニスって・・・

大味なテニスの人は、スマッシュにも波がある。

入るか、ミスか・・・しかないので、スマッシュの後にラリーが続く経験自体が少ない。

練習からそんなプレーの選手は、試合でもスマッシュ後に隙だらけ。

入っても入らなくても、ラリーとして途切れると思い込んでいるので、返球されたが最後、もう対応出来ない。

そんな大味のテニスでは、まずトーナメントは勝ち進めません。

 

■あくまでスマッシュも、ラリーの中の一部でしかない

スマッシュ自体、私はネットプレーの一部、と強く意識しています。

つまり、感覚としてはボレーに近い。

どんなにエースになりそうなスマッシュでも、打った後の構え直しは常に強く意識する。

打った方向に詰めるし、さらに厳しいロブが来ても対応出来るような気持ちで、次に備えることが大事。

試合に勝てる人、強い人のスマッシュ後の動き、観てみて下さい。

きっと隙が無い、テニス選手として相手がプレッシャーを感じるようなプレーになっているはずです。

 

■本当の意味でのスマッシュ練習は、出来ているのか?

スマッシュ練習、皆さんどんな感じで行っていますか?

球出し?ラリー形式?

それって、実戦に則して「反撃」を想定していますか?

甘いボールだけの球出し、で打ったら終わり・・・みたいな練習だけだと、それって逆効果。

試合の中で隙を生んでしまう、一番の要因になってしまっているかも知れません。

厳しいロブ、それを何度も何度も跳ね返せる、打ち続けるようなスマッシュが打てるように、練習を変えていきましょう!

 

構え直しは、チャンスボールを打った後こそ大事。

打つ前から、打ち終わりを意識しましょう。

そうするとシンプルに、出来るだけモーションを小さくコンパクトなスマッシュに、と変化していくはず。

自分で動画を撮影してみましょう。

厳しいロブへの対応、その構え直し、こそアナタの実力が如実に現れているのですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

    角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。でもそれって、…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

  6. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  2. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる
  3. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく
  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に
  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
PAGE TOP