テニス ボレー

スマッシュ

試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。

そんな人には、ある共通点がある。

一番分かりやすいのは、スマッシュのとき。

スマッシュのような「フィニッシュショット」で且つ「モーションが大きくなりがち」なショットでは、油断が表に出やすいのです。

 

試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

 


 

■スマッシュは「ミス」か「エース」、という大味なテニスって・・・

大味なテニスの人は、スマッシュにも波がある。

入るか、ミスか・・・しかないので、スマッシュの後にラリーが続く経験自体が少ない。

練習からそんなプレーの選手は、試合でもスマッシュ後に隙だらけ。

入っても入らなくても、ラリーとして途切れると思い込んでいるので、返球されたが最後、もう対応出来ない。

そんな大味のテニスでは、まずトーナメントは勝ち進めません。

 

■あくまでスマッシュも、ラリーの中の一部でしかない

スマッシュ自体、私はネットプレーの一部、と強く意識しています。

つまり、感覚としてはボレーに近い。

どんなにエースになりそうなスマッシュでも、打った後の構え直しは常に強く意識する。

打った方向に詰めるし、さらに厳しいロブが来ても対応出来るような気持ちで、次に備えることが大事。

試合に勝てる人、強い人のスマッシュ後の動き、観てみて下さい。

きっと隙が無い、テニス選手として相手がプレッシャーを感じるようなプレーになっているはずです。

 

■本当の意味でのスマッシュ練習は、出来ているのか?

スマッシュ練習、皆さんどんな感じで行っていますか?

球出し?ラリー形式?

それって、実戦に則して「反撃」を想定していますか?

甘いボールだけの球出し、で打ったら終わり・・・みたいな練習だけだと、それって逆効果。

試合の中で隙を生んでしまう、一番の要因になってしまっているかも知れません。

厳しいロブ、それを何度も何度も跳ね返せる、打ち続けるようなスマッシュが打てるように、練習を変えていきましょう!

 

構え直しは、チャンスボールを打った後こそ大事。

打つ前から、打ち終わりを意識しましょう。

そうするとシンプルに、出来るだけモーションを小さくコンパクトなスマッシュに、と変化していくはず。

自分で動画を撮影してみましょう。

厳しいロブへの対応、その構え直し、こそアナタの実力が如実に現れているのですから。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

  3. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処を…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを!

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 打点

    戦術

    ボールを見て打つ、基本の中に「周辺視」を入れる癖を
  2. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  3. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
  4. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
PAGE TOP