テニス スマッシュ

スマッシュ

「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?

スピード?コントロール?回転量?フットワーク・・・?

どれも皆大事な要素ですが、あるレベルを超えていくと結果的に、ポイントとなるのは「深さ」。

この重要性に気付けるようになれば、アナタはもうテニス選手として結果を残せるレベルと言えるでしょう。

 

「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

 

■浅いスマッシュは反撃されるのが上級者レベル

テニスはワンバウンドで打っても、返球が有効なスポーツ。

ですから大事なのはいかに、2バウンド目を相手から奪うか。

スマッシュ自体はパワーがある花形のショットですが、浅いとそれは2バウンド目の直前までに失速し、相手に反撃を許すショットになってしまう。

「叩き付けて、相手に触れなくすれば良いのでは?」と思った方、それは大チャンスボールですから決めて当然のボール。

深いロブ、から深いスマッシュ、が打てなければ上のレベルの試合では勝てないのです。

 

■深いスマッシュが打てれば、相手を深く押し込める

私も試合をするときは、相手の「スマッシュ力」を早めに観察するようにしています。

深いロブも、深いスマッシュを打てる相手なのかどうか。

もし深いスマッシュを打ってくる相手であれば、自分たちもあまりポジションを前に設定出来ない。

ですが浅いスマッシュになるような相手なら、ベースラインくらいに立って反撃の糸口を探せるのです。

この差は、すごく大きい。

深いロブを打って浅いスマッシュを打ってもらえれば、自分たちのペースで試合が進められる。

スマッシュの深さは、そのまま相手へのプレッシャーの大きさになることを覚えておきましょう。

 

■深いスマッシュは、決して大振りのスウィングではない

深いスマッシュは大きく振ろう、と思うと難しい。

そもそもスマッシュは、しっかり高い位置で触れればそこから大振りしないでOK、コンパクトに上で打ち終わりましょう。

大事なのは、しっかりボールの斜め下側を打つ、くらいのつもりでいること。

真後ろや上側を打つと、ボールが下方向に飛びやすくて浅くなる。

叩き付けるときは別ですが、深いロブに対してはしっかりボールを下から捕らえるくらいで、私はオススメです。

コーチによっては「違う!」という意見もあるでしょうが、あくまで私の感覚です。

 

スマッシュに深さが出ると、自分たちにも自信になる。

一度スマッシュ対ロブ、の展開になると最終的に押し込める、という自信になりますからね。

その逆になると・・・もう試合どころじゃありません。

とにかくロブが嫌で、嫌で・・・となると、試合に勝てる訳が無い。

さぁ、深さを意識したスマッシュ、磨いていきましょう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

    スマッシュのレベル、はどこで測るのか。私は一つの基準として、し…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減るでしょう

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  4. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処をしっ…

  5. スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、「ラ…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

    何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改め…

スカイクレイパー広告枠

  1. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!…
  2. ストローク

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  4. その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイ…
  5. テニス キャプテン

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です
PAGE TOP