テニス スマッシュ

スマッシュ

「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?

スピード?コントロール?回転量?フットワーク・・・?

どれも皆大事な要素ですが、あるレベルを超えていくと結果的に、ポイントとなるのは「深さ」。

この重要性に気付けるようになれば、アナタはもうテニス選手として結果を残せるレベルと言えるでしょう。

 

「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

 


 

■浅いスマッシュは反撃されるのが上級者レベル

テニスはワンバウンドで打っても、返球が有効なスポーツ。

ですから大事なのはいかに、2バウンド目を相手から奪うか。

スマッシュ自体はパワーがある花形のショットですが、浅いとそれは2バウンド目の直前までに失速し、相手に反撃を許すショットになってしまう。

「叩き付けて、相手に触れなくすれば良いのでは?」と思った方、それは大チャンスボールですから決めて当然のボール。

深いロブ、から深いスマッシュ、が打てなければ上のレベルの試合では勝てないのです。

 

■深いスマッシュが打てれば、相手を深く押し込める

私も試合をするときは、相手の「スマッシュ力」を早めに観察するようにしています。

深いロブも、深いスマッシュを打てる相手なのかどうか。

もし深いスマッシュを打ってくる相手であれば、自分たちもあまりポジションを前に設定出来ない。

ですが浅いスマッシュになるような相手なら、ベースラインくらいに立って反撃の糸口を探せるのです。

この差は、すごく大きい。

深いロブを打って浅いスマッシュを打ってもらえれば、自分たちのペースで試合が進められる。

スマッシュの深さは、そのまま相手へのプレッシャーの大きさになることを覚えておきましょう。

 

■深いスマッシュは、決して大振りのスウィングではない

深いスマッシュは大きく振ろう、と思うと難しい。

そもそもスマッシュは、しっかり高い位置で触れればそこから大振りしないでOK、コンパクトに上で打ち終わりましょう。

大事なのは、しっかりボールの斜め下側を打つ、くらいのつもりでいること。

真後ろや上側を打つと、ボールが下方向に飛びやすくて浅くなる。

叩き付けるときは別ですが、深いロブに対してはしっかりボールを下から捕らえるくらいで、私はオススメです。

コーチによっては「違う!」という意見もあるでしょうが、あくまで私の感覚です。

 

スマッシュに深さが出ると、自分たちにも自信になる。

一度スマッシュ対ロブ、の展開になると最終的に押し込める、という自信になりますからね。

その逆になると・・・もう試合どころじゃありません。

とにかくロブが嫌で、嫌で・・・となると、試合に勝てる訳が無い。

さぁ、深さを意識したスマッシュ、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない

    試合の中で、スマッシュが決まらない・・・と言うか、そもそも打てない!…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

    テニスのショットは、パワーよりもコースで勝負。特に学生の皆さん…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  2. 戦術

    「ゆったりしたテニス」を受け入れて、得意になれば勝てる
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    「スライスって使ってる?」改めてテニスの試合で活きるメリットに着目してみました
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる
  5. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイン…
PAGE TOP