テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。

「メンタルが強くなりたいんです・・・」という方、悩んでいる方が本当に多いという印象です。

私自身、メンタルが強いと思ったことも無いですが、さほど弱いと思ったことも無い。

なぜなら、やるべき準備だけは工夫して実践している、という自信があったからかも知れません。

皆さんにも参考になれば・・・と思い、改めてまとめてみます。

 

テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

 


 

1.しっかりした休養

テニスの試合に、万全の体調で臨めているかどうか。

この自信が、試合の中でアナタの強さになります。

体調が良い、とはしっかり「休養が取れている状態」で臨めているということ。

試合のある1週間前から、しっかりとした睡眠とストレッチ、栄養補給をして準備しましょう。

 

2.ピンチのときの具体策

試合ではピンチの連続。

ブレークポイントでのセカンドサーブ、相手のナイスショットの連続、のときに、アナタに具体策はありますか?

しっかりテニスノートに箇条書きにして、いつでも試合で引き出せるようにしておくこと。

そして練習の中で、鍛えておくこと。

これが結果的に、メンタルの強さにつながるはずです。

 

3.対戦相手についての情報収集

初めて対戦する相手でも、事前に何かしらの情報は得れるはず。

ネットで実績を調べるだけでなく、対戦している選手から話を聞いたり、何でも良いので調べましょう。

「知らない」ことが多いと、人は不安になってメンタルが弱くなる。

弱くしているのは、ただの準備不足、情報不足なのです。

 

4.「メンタルの強さでは負けない」と連呼する

試合中、自分の頭の中ではこれを連呼します。

自分はしっかり準備してきたのだから、メンタル勝負、西神戦では絶対に負けない、と頭の中で言い続けます。

そうすると不思議と、強さが出てくる。

頭の中で言い続けるだけでも、絶対にプレーは変わってきます。

 

5.「やるべきこと」だけに集中する

メンタルが弱い、不安定な人はスコアの結果に左右され過ぎる。

ポイントを獲った、獲られたも大事ですが、それ以上にアナタ自身がやるべきことをやっているのかどうか。

私はいつも、自分がやるべきことをやった上での失点は、まったく気にしないようにしていました。

慣れてくると、メンタルも安定してくる。

アナタ自身、毎回のポイントの結果に目を奪われ過ぎているだけ・・・かも知れませんよ。

 

メンタルの強さを養なうには、長期的な取り組みも大事。

日常生活から鍛えていく、部分がとても大きいですからね。

ですが、今アナタが持っている意志の強さ、メンタルの強さを活かす工夫はすぐ出来る。

すぐに実践して、変えていかないといけないのです。

さあ、一緒にひと工夫した準備、進めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで

    準備、の大切さ。何度も書いて来ましたし、その中で「自分への疑い…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう

    試合に強い選手って、どんなショットを打っても基本一定、ですよね。…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!
  2. フットワーク

    相手の隙を突くには、忍び足が欠かせない
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  5. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう
PAGE TOP