その他

最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

私自身、苦い経験があります。

みんなが上手くなりたい、という想いが少し間違った方向にいってしまう。

練習から競争意識を持つことは大事だけど、お互いが自分の主張ばかりし始める・・・と、雰囲気が悪くなる。

そんなときの解決策、改めてまとめてみました。

 

最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

 


 

■「部員同士の話をよく聞く、声をかける」ことが大事

皆さんのチームの中で、雰囲気が悪くなるときはきっと会話自体が少なくなるとき。

団体戦で結果が出ない、思ったように自分たちの成長が結果として出ないときには、誰でもイライラしてしまいます。

まず、しっかり細かい部分で声掛けを行うようにしましょう。

「最近、バックハンド変えた?」

「ガット、どれにしようか悩んでて、何か良いの知ってる?」という感じで充分。

出来れば上級生から、積極的に声をかけていくこと、笑顔で。

小さいことから、雰囲気は変わっていくはずです。

 

■チームメイトに負けることは、恥では無い

練習の中でも、細かくポイントを付けていくことは大事です。

ただ試合だけやるよりも、記録して活かしていくことが何よりの効率化、結果につながる練習と言えるでしょう。

ですが、ここで目の前の試合結果を気にしても仕方ない。

大事なのは、自分が目標とする大会に向けて、成長出来ているかどうか。

部内の試合でも敗けたのであれば、その結果をどう受け止めるか・・・です。

部内のライバルは、自分の成長をサポートしてくれる大事な仲間。

もちろん、ただ仲が良いだけの慣れ合いの関係では、お互い切磋琢磨出来ない。

試合をしてくれて、練習をしてくれてありがとう、という感謝の気持ちは常に大事に、心の奥底に持ち続けましょう。

 

■チーム全体の成長こそ、自分の成長につながる

テニスが強い、強くなってきた選手は分かっている。

環境がいかに大事で、自分もその一翼を担っているということを。

自分が普段練習している仲間が強くなれば、間違いなく自分も強くなる。

自分一人だけで、独断で上達していくなんてほとんどありません。

部の雰囲気を悪くしてしまう人は、この部分を勘違いしている人が多い。

アナタ自身、一度見つめ直してみて下さい。

 

私も過去に、上記のような「身勝手」な選手だった時期があります。

そもそもテニスは、自分一人で上手くなれると本気で思っていました。

ですが今は、それが間違っていたと分かり、心から反省している。

同じような間違い、しても良いと思います、皆さんも。

間違いは正せば良いし、間違いを経験することで同じような仲間、後輩にも声をかけることが出来る。

より良い部活、一緒に作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. その他

    「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ

    テニスは難しい。始める前のギャップに悩んでいる初心者の方も、た…

  2. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。…

  3. テニス ボレー

    その他

    大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第

    テニスの試合の、エントリー費。これって、みなさんどう感じますか…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?

    夏も後半に入り、新チームでもある程度態勢が整ってきた部活が多いと思いま…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

    テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進…

  6. テニス ラグビー

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように…
  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い
  4. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです
  5. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい
PAGE TOP