テニス ロブ

リターン

試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。

それはアナタ自身が強くなった、トーナメントを勝ち進めるようになった証拠です。

ですが、そこで満足してはいけない。

サーブが良い、格上の相手を倒すにはまずリターンをしっかり返球していかないといけない。

「攻撃的なリターン」はさておき、まずは返球したい・・・ときに意識することは、とてもシンプルです。

 

試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

 


 

1.ポジションを下げてみる

リターンのポジションを下げることは、時間を作る意味では有効です。

ワイドのコースは逆に取り辛くなりますが、それでもセンターのキックサーブなど、ある程度コースが読めている場合には純粋に下がってみるのも良いでしょう。

とにかく、まずは触って山なりなリターンでも返球するのが大事。

プロ選手の試合を観ても、結構下がって待つ選手が多いですよね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

2.薄いグリップでスライスでリターン

特にバックハンド、で返球に苦しむときにはスライスという選択肢が欲しい。

ボレーのグリップで、まさにボレーを打つようにブロックして返球。

これだけで自然にスライスがかかる、遅くて山なりなリターンが打てるはずです。

ラケットを振る、ボールの下をこするような感覚ではなく、シンプルに横向きで少し上からサーブを抑え込む、くらいの意識で打ってみましょう。

スライス自体使わない、という人はリターンから試してみるの、有りだと思います。

 

3.低い態勢で入る

リターンのミスが多い、反応が遅い人は腰の位置が高い。

目線も落として、低い態勢を作るだけでグッと返球の確率が上がるはずです。

リターンでは意識として、ネットの白い部分くらいに目線をもってきましょう。

そこからスプリットステップして入る、くらいの意識でちょうど良いと思います。

サーバー側も、低い態勢のリターンの選手を見ると力が入る。

思わぬフォルトが続くかも知れません。

 

4.リターンの軌道に「高さ」を出す

軌道が高いリターンは、あまり良いリターンでは無い・・・というのは、間違い。

しっかり深く、安定した返球が出来ればシングルスでは十分。

ダブルスならストレートに打ってロブに出来ますし、軌道の高さは必要です。

もちろん相手に打たれることもあるでしょうが、リターンで多いネットミスを減らすためにはまず高い軌道のリターン、が基本です。

 

5.ヤマを張ることも大事

どうにも手が付けられないようなサーブには、ヤマを張ることも大事。

予測よりももっと、思い切った予測でサーブを読んでみましょう。

大事なのは、外れても気にしないこと。

サーバーの相手に、「何かを仕掛けようとしている感」を伝えることも大事。

堅実な人も、たまには思い切った作戦、リターンからやってみるのは面白いでしょう。

 

リターンでの修正、現場で出来るようになると試合で強い。

サーブを粘り強く返していれば、調子が良い相手もそうは続かない。

だからこそ、まずは返球することが大事・・・ですね。

リターンって、結構ひらめきと工夫で劇的に変わります。

考えすぎてイップスにならないように、普段の練習から色々な対応策、磨いて準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えた…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

    テニスの試合で厄介なモノ・・・たくさんありますが、右利きの方で左利きの…

  4. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  5. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  6. リターン

    相手が並行陣、さぁどうする?

    試合で、相手がネットに出てプレッシャーをかけて来る。そこで、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう
  2. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振…
  5. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!
PAGE TOP