テニス メンタル

ダブルス

「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、たくさん頂きます。

私が普段、テニスをしている仲間の中にも、勝てる技術を持っているのにダブルスで勝てない人は多い。

そんな人には、ある共通点が。

私自身、一番試合で嫌でムダだと感じるのがコレです。

試合中にペアに謝ることって、勝利を目指す上では本当に無意味です。

 

「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

 


 

■「申し訳無い」と思うんだったら、今この時を頑張ろう!

必死でやっても、テニスは難しいスポーツ。

ミスもあるし、上手くいかないことが多いのが当たり前。

細かい失敗や失点を、いちいちペアに謝って何か改善されるのでしょうか?

だったらその一声を出す力、気を遣うような部分を次からのポイントに向けていこうよ。

今回は、ただそれだけの話です。

お互いに謝ってばかりいるペアに、勝利など見えてこないのです。

 

■本当に信頼関係が築けていれば、謝る必要は無い

謝っている人は、相手に対して気を遣っている?

それもそうでしょうが、実は自分を守りたいだけ、というように私は思います。

謝ることで、自分のミスを正当化したい。

謝ることで、自分はアナタを気遣っているんだということを伝えたい。

私は真剣勝負の場でそんなペアを観ていると、正直気持ち悪くなる。

意識が自分やペアに向いているようでは、試合で大事な「相手を観察する」ということが出来ない。

テニスの試合では、関心を置くべき対象は、対戦相手なのです。

 

■「それでも、ミスしたらつい謝ってしまう・・・」という人は、どうすれば良い?

私からの提案は、試合前にハッキリさせておく、ということ。

「今日の試合、色々チャレンジするからミスもある、から先に謝っておくね!」と、試合前に話しておく。

試合中は常に堂々と、相手に対してプレッシャーをかけていく。

謝っている姿を見せる、ということがいかにマイナスかをしっかり理解して、試合前に終わらせておきましょう。

そうすれば、ペアの雰囲気も悪くなることは無い。

とにかく試合では、しっかり勝つために何が出来るか、すべきで無いかだけ考えましょう!

 

仲間うちの練習でも、「謝り癖」は直していきたい。

真剣にしっかりやっていれば、ミスを謝る必要なんて無いんです。

むしろ「謝っていれば、それで良い」みたいは風潮があるチームのほうが怖い。

謝るのではなく、改善する。

ポイントが終わった時点で、そのポイントはもう戻ってこない。

次への切り替え、堂々とした姿勢は、普段からぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    リターンした相手の逆を突く、ポーチボレーはコース勝負でいこう!

    ダブルスの試合、ポーチで触ってもなかなか決まらない。前衛でのプ…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

    ミックスダブルスの試合、プレーを頑張る女性のみなさん。何だかん…

  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  5. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

  6. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

特集記事

  1. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
  2. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い
  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?
  4. テニス サッカー

    メンタル

    「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う
  5. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理…
PAGE TOP