テニス ボレー

ボレー

ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

苦手意識があると、テニスではそれが下半身に出る。

ローボレー、低い位置のボレーがその一番良い例だと思います。

低く沈められるだけで、もう足が止まってしまう人、結構多いのも事実。

そんなときこそ、しっかり「前に足を出して、踏み込んでいく」ことを意識しましょう。

 

ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

 


 

■沈められたときこそ、ボールを迎えにいこう!

ストロークを沈められると、どうしても受け身になるネットプレイヤーが多い。

アゴが上がって、のけぞるような雰囲気になってしまっていると、これはまずい状況。

しっかりボールを迎えにいく、自分から足を前に出していくような習慣、しっかり練習から意識しましょう。

迷いがあっては、いけません。

しっかりローボレーを、横向きで抑え込んで返す、まずは目線を落とす。

こういったキーワードを自分の頭の中でイメージして、言葉にして繰り返す。

試合中でも、負けているときこそ大事です。

 

■最適な練習は・・・バウンド禁止ボレー対ストローク!

ボレー対ストロークの練習、ボレー側に制約を付けてみる。

ハーフボレーのような「バウンド」を禁止にします。

「あ、それだとネットにベタ詰めでOKね・・・」と思った人、甘い。

ストローク側は、ロブもOK。

つまりこれは、サービスラインくらいから「しっかり前に踏み込んでボレーをする」ネットプレイヤーの練習です。

ボールを落としてはダメですから、ボレーヤーは出来るだけ足を前に出して低い態勢で取る、ポジションを戻す、を繰り返す。

激しい、厳しい練習ですが、下半身のキックでボールを迎えにいく。

ストローク側は、ミスを少なく速いストロークは禁止、回転量重視の遅めのストロークでしっかり前後に揺さぶること。

これを意識して実践してみて下さい。

 

■足でボールを運ぶ、という感覚を養えば、試合で強い

試合で緊張感のある場面で、いかに積極的に確実なプレーが出来るかどうか。

これは下半身からしっかり、身体を動かしてボールを迎えにいく、運べるかにかかっています。

テニスは初心者の方ほど、手先に意識がいき過ぎて、緊張する場面に弱い。

足に意識がいっている人は、上半身がシンプル。

普段の練習から、こういった意識を大切にすると、テニスの試合向けのフォームが自然に身に付きます。

 

ローボレーを難しくしているのは、他ならぬ自分自身。

上半身でなんとかしようとするから、低い位置のボレーが難しい。

むしろしっかり動く、力は下から伝えることで上半身はシンプルに。

腕も肘も傷めず、しっかりした技術も身に付く。

改めて練習方法から、ローボレーを磨いてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  2. テニス 打点

    ボレー

    ボレーは意外と、身体の近くばっかり

    ダブルスの試合に出ていると、自然とボレーする機会も増えます。…

  3. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  4. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?

    試合の中で、「ラクに勝てたなー」という試合。振り返ってみて、み…

  5. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用しなくなる

    テニスは人がするスポーツ。人の習性や構造を考えると、実は想定さ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る
  2. ストローク

    ラリーの中で、「少しでも態勢が崩れそうになったら、中ロブを使う」ことで失点は防げ…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
  4. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイン…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
PAGE TOP