テニス メンタル

メンタル

なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる

真剣にテニスに取り組む人ほど、スランプという問題は付いて回る。

誰しも一度は、試合に勝てない、テニスが楽しくない・・・という時期を過ごしてきたんじゃないでしょうか?

苦しいですが、私はこの時期を、必要な時期だと考えます。

私自身、たくさんスランプの時期がありました。

それを「あって良かった」と思えるかどうかは、その後の自分、今の自分をどう捉えるか次第です。

 

なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる

 


 

■強すぎる向上心は、自分を追い詰める

テニス、スポーツは常に比較し合う、対戦し合うもの。

試合は絶対に勝者と敗者に分かれますし、その結果は残酷なものです。

スランプに陥る原因は人それぞれですが、その多くは「負けるはずの無い相手に、負けてしまう」ことが発端になるケースが多い。

そこで落ち込み、絶対にこのままじゃダメだ、もっと強くならないと・・・と、自分を追い込んでいく。

強すぎる向上心、羞恥心は、時に人をスランプに陥れてしまうのです。

 

■「勝てない時期」は「何かを変えようとしている時期」かも知れない

後から考えてみると、私にとってスランプの時期は「必死に何かを変えようとしている時期」だったと思います。

このままテニスを続けていても、絶対に強くなれない・・・と思って、大きく何かを変えたい、変えないといけない。

私はバックハンドを両手から片手に変えたときに、スランプに陥ったように思います。

もちろん上手くいかないことばかりで落ち込むし、悔しい。

今まで勝ってきたような相手にも試合で負ける。

ですが心のどこかで、それは必要なステップだと理解していたように思います。

だからこそ、悔しくても歯を食いしばって試合に出続ける、トレーニングを継続する。

試合から逃げるのは、簡単ですよね。

そうすれば、いつか光が刺してくるもの。

テニスはそんなスポーツです。

 

■スランプは避ける、というより「向き合う」ことをオススメします

スランプを迎える選手は、強くなる。

それだけ真剣にテニスに真摯に向き合っているからこそ、こういう苦しい試練があるのです。

厳しいようですが、遊びでテニスをやっている人はスランプ自体、縁が無い。

というか、感じない。

面白くなくなったな、と感じて辞めるだけの話。

否定はしませんが、すごくもったいない話ですし残念な気持ちになる。

テニスというものを通じて「スランプ」を感じられる幸せ、というのをどこかに感じていて下さい。

きっとアナタ自身の今後の人生において、大きな財産になるはずです。

 

「苦しめ」

「もがいてもがいて、苦しんでこそ、勝てる選手になる」

私が高校時代にスランプに陥ったときに、コーチから言われた一言は、今でも覚えています。

逃げることは簡単、でもその後に何が残るのか・・・というと、何も残りません。

「スランプから抜け出す方法、教えてくれるんじゃないの・・・?」と思った方、すみません。

私から言える言葉は、これだけです。

「とことん自分のテニスと、スランプと向き合って苦しんで下さい」

なぜならそれが、試合に強くなるたった一つの道だからです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  2. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

    「弱気は最大の敵」という言葉を残した、元プロ野球選手がいた。広…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果…

  4. テニス 感覚

    メンタル

    格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

    格上相手の試合、どうしても弱気になってしまう人。何度も自分を責…

  5. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
  2. テニス 気付き

    メンタル

    テニスの試合が上手く進んでいるときの心理状況って、どんな感じなのかまとめておこう…
  3. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選
  4. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  5. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?
PAGE TOP