テニス メンタル

メンタル

なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる

真剣にテニスに取り組む人ほど、スランプという問題は付いて回る。

誰しも一度は、試合に勝てない、テニスが楽しくない・・・という時期を過ごしてきたんじゃないでしょうか?

苦しいですが、私はこの時期を、必要な時期だと考えます。

私自身、たくさんスランプの時期がありました。

それを「あって良かった」と思えるかどうかは、その後の自分、今の自分をどう捉えるか次第です。

 

なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる

 

■強すぎる向上心は、自分を追い詰める

テニス、スポーツは常に比較し合う、対戦し合うもの。

試合は絶対に勝者と敗者に分かれますし、その結果は残酷なものです。

スランプに陥る原因は人それぞれですが、その多くは「負けるはずの無い相手に、負けてしまう」ことが発端になるケースが多い。

そこで落ち込み、絶対にこのままじゃダメだ、もっと強くならないと・・・と、自分を追い込んでいく。

強すぎる向上心、羞恥心は、時に人をスランプに陥れてしまうのです。

 

■「勝てない時期」は「何かを変えようとしている時期」かも知れない

後から考えてみると、私にとってスランプの時期は「必死に何かを変えようとしている時期」だったと思います。

このままテニスを続けていても、絶対に強くなれない・・・と思って、大きく何かを変えたい、変えないといけない。

私はバックハンドを両手から片手に変えたときに、スランプに陥ったように思います。

もちろん上手くいかないことばかりで落ち込むし、悔しい。

今まで勝ってきたような相手にも試合で負ける。

ですが心のどこかで、それは必要なステップだと理解していたように思います。

だからこそ、悔しくても歯を食いしばって試合に出続ける、トレーニングを継続する。

試合から逃げるのは、簡単ですよね。

そうすれば、いつか光が刺してくるもの。

テニスはそんなスポーツです。

 

■スランプは避ける、というより「向き合う」ことをオススメします

スランプを迎える選手は、強くなる。

それだけ真剣にテニスに真摯に向き合っているからこそ、こういう苦しい試練があるのです。

厳しいようですが、遊びでテニスをやっている人はスランプ自体、縁が無い。

というか、感じない。

面白くなくなったな、と感じて辞めるだけの話。

否定はしませんが、すごくもったいない話ですし残念な気持ちになる。

テニスというものを通じて「スランプ」を感じられる幸せ、というのをどこかに感じていて下さい。

きっとアナタ自身の今後の人生において、大きな財産になるはずです。

 

「苦しめ」

「もがいてもがいて、苦しんでこそ、勝てる選手になる」

私が高校時代にスランプに陥ったときに、コーチから言われた一言は、今でも覚えています。

逃げることは簡単、でもその後に何が残るのか・・・というと、何も残りません。

「スランプから抜け出す方法、教えてくれるんじゃないの・・・?」と思った方、すみません。

私から言える言葉は、これだけです。

「とことん自分のテニスと、スランプと向き合って苦しんで下さい」

なぜならそれが、試合に強くなるたった一つの道だからです。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

    試合の中で、メンタルが強く崩れない人。それは、シンプルにこうい…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする

    みなさん、一緒にテニスをしていて・・・こういう雰囲気の人、どう思います…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  4. テニス 並行陣

    メンタル

    テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

    毎日暑い時期になりました。どれだけ高いモチベーションでテニスを…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  6. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なものは?

    自分のテニスを上達させて、試合に勝つこと。長く苦しいこの道のり…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  3. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
  4. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨め…
PAGE TOP