テニス メンタル

メンタル

アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。

そんな人、果たしてどれくらいいるでしょうか?

もしそんな人がいたとしても、きっと影では悩みも多い。

強いフリして周りに隠している・・・だけだと、どこかで押しつぶされてしまうかも知れません。

特にテニスに真剣に取り組んでいる人ほど、たまには「テニス、もう辞めても良いかな・・・」と思うのは自然なこと。

それくらいの気持ちの余裕を持っていることも、継続してテニスの試合に出続けるには大事だと私は思います。

 

アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

 


 

■しっかり自分自身と、「テニスについて会話」をしてみる

試合にも勝てないし、練習のモチベーションも上がらない。

そんなときには、とことん自分と会話しましょう。

「どうした、自分?何か辛いこと、根本的な問題があるんじゃないのか・・・?」という感じで。

ぜひ、自分のテニスノートがあれば、それに書き出してみて下さい。

決して自分を責めるのではなく、なぜ辞めたいとまで思ったのかを考えてみる。

その原因と思われることを、書き出してみることが大事です。

 

■テニスから離れる時期も、大きなステップアップには必要です

賛否両論あると思いますが、私はこう考えます。

テニスだけに追われている生活では、どこかで成長も止まってしまう。

テニスから離れた期間にも、別な意味で成長出来る機会が、私たちの周りには多くあります。

本を読んで刺激を受けたり、他のスポーツを観てヒントを得る、久々に会わない人と会ってみる・・・。

特に技術的には優れているのに試合の結果が出ない。どこかメンタルが弱いような人には、むしろ「テニスから距離を置いてみる」ことも大事だと思います。

 

■心からテニスをやりたい、と思えるときにコートに戻ってくれば良い

自分自身としっかりテニスについて会話して、時間を置いたときに「やっぱりテニスをやりたい」と思えたとき。

その後はきっと、大きなステップアップを踏むことが出来る。

私の経験上、怪我から復帰したりした選手で、とても晴れやかな顔をしている選手は、必ず良いステップを踏めます。

学生生活では卒業前に引退もありますし、テスト期間前は部活が出来ない時期もある。

アナタ自身、テニスが出来ない時期がある、というのは実は成長にとって欠かせない時期なのかも知れません。

 

試合に勝たないといけない、負けられない。

そんな環境に長くいると、やはり精神的にも追い込まれていく。

そうなった自分を、決して責めることはありません。

部活だって、ときには中期的な休暇があっても良いかも知れない。

嫌々コートに立つ、何も目的が無いままでテニスをされるよりは、私であればそう勧めます。

もし少しでもテニスで悩んでいる人がいれば、何かのヒントになれば・・・と思います。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合に強くなる、ということは、外の世界を知るということ

    テニスの試合に勝ちたい。でもそれは、負けるリスクも覚悟のうえで…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

  5. メンタル

    行動を興すのに、理由は要らない

    これも、最近私が感じることです。何か行動を興す時に、私たちは…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?
  2. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
  3. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟…
PAGE TOP