テニス メンタル

メンタル

テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが越えるべき試練です

試合の終盤になって、問題無くリードしている。

5-2のゲームカウントでチェンジコート・・・した瞬間に、急に身体が堅くなって別人のようになる人、いませんか?

試合慣れしていない、勝ち慣れしていない人の典型的なパターン。

「自分は大丈夫!」と思っている人ほど、こういった勝ちビビリに陥りやすい。

常に自分がそうなるかも知れない・・・という危機感を持って、試合に向けて準備しておく必要があるでしょう。

 

テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが越えるべき試練です

 


 

■強い相手と対戦するときに、必要な心構え

アナタが日々目標として、「大事な試合で絶対に勝ちたい!」と思っている相手と対戦するときこそ、この試練は乗り越えないといけない。

あと1ゲーム、あと1ポイントで試合を終わらせることが出来る、という場面になったときに、どんなプレーが出来るのか。

チェンジコートで冷静に、自分の気持ちを整理してプレーに入っていくことが出来るかどうか。

「このまま勝って、良いんだろうか・・・?」という気持ちが湧いてくるのが、ある意味自然。

覚悟を決めて、準備しておきましょう。

 

■急に「相手のミス待ち」なテニスになってしまわないように

典型的なまずいパターンが、これです。

急にいきなり、相手のミス待ちのようなテニスになって、消極的になる。

相手はもう後が無いわけですから、攻撃的にくる可能性が高く、常に受け身になってしまう。

しっかり試合を終わらせるような準備、最後の一手を、自信を持って繰り出していかなければ強い相手は倒せません。

試合の流れが一気に変わる前に、アナタ自身が自分をコントロールしないといけないのがテニスの試合です。

 

■「早く試合を終わらせたい」という気持ちを、抑える

とにかくラリーの中からチャンスを掴む、丁寧なテニスが継続できるかどうか。

相手が攻撃的に来るのであれば、それをしっかり受け止めて粘ることも、リードしている場面でも重要です。

強い相手であれば、2-5から逆転する経験も豊富で、まだまだ試合を諦めてはいない。

だからこそ、アナタ自身も「早く終わらせよう」と焦っては相手の思うツボ。

試合前から、この準備はしっかりしておきましょう。

 

準備が大事、と言ってもどんなことをすれば・・・と、思う人も多いでしょう。

意識したいのは、具体性。

自分が具体的に、リードした終盤で何がしたいのかを明確にしておきましょう。

ネットプレーを入れるのか、序盤で見せていない手を使うのか。

いずれにせよ、相手に何かを期待して「意図の無いプレー」になるのが一番危険。

逆転されるのって、大抵はこんなとき。

試合を締める、勝ち切る癖を養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

  3. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある

    少し、「頭おかしいんじゃないの・・・?」という話をしたいと思います。…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  6. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い

    メンタルが強い、弱いという話。これって、何度も書いて来ましたが…

特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう
  2. 練習メニュー

    練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう
  3. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが…
  4. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は…
PAGE TOP