テニス メンタル

メンタル

テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが越えるべき試練です

試合の終盤になって、問題無くリードしている。

5-2のゲームカウントでチェンジコート・・・した瞬間に、急に身体が堅くなって別人のようになる人、いませんか?

試合慣れしていない、勝ち慣れしていない人の典型的なパターン。

「自分は大丈夫!」と思っている人ほど、こういった勝ちビビリに陥りやすい。

常に自分がそうなるかも知れない・・・という危機感を持って、試合に向けて準備しておく必要があるでしょう。

 

テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが越えるべき試練です

 

■強い相手と対戦するときに、必要な心構え

アナタが日々目標として、「大事な試合で絶対に勝ちたい!」と思っている相手と対戦するときこそ、この試練は乗り越えないといけない。

あと1ゲーム、あと1ポイントで試合を終わらせることが出来る、という場面になったときに、どんなプレーが出来るのか。

チェンジコートで冷静に、自分の気持ちを整理してプレーに入っていくことが出来るかどうか。

「このまま勝って、良いんだろうか・・・?」という気持ちが湧いてくるのが、ある意味自然。

覚悟を決めて、準備しておきましょう。

 

■急に「相手のミス待ち」なテニスになってしまわないように

典型的なまずいパターンが、これです。

急にいきなり、相手のミス待ちのようなテニスになって、消極的になる。

相手はもう後が無いわけですから、攻撃的にくる可能性が高く、常に受け身になってしまう。

しっかり試合を終わらせるような準備、最後の一手を、自信を持って繰り出していかなければ強い相手は倒せません。

試合の流れが一気に変わる前に、アナタ自身が自分をコントロールしないといけないのがテニスの試合です。

 

■「早く試合を終わらせたい」という気持ちを、抑える

とにかくラリーの中からチャンスを掴む、丁寧なテニスが継続できるかどうか。

相手が攻撃的に来るのであれば、それをしっかり受け止めて粘ることも、リードしている場面でも重要です。

強い相手であれば、2-5から逆転する経験も豊富で、まだまだ試合を諦めてはいない。

だからこそ、アナタ自身も「早く終わらせよう」と焦っては相手の思うツボ。

試合前から、この準備はしっかりしておきましょう。

 

準備が大事、と言ってもどんなことをすれば・・・と、思う人も多いでしょう。

意識したいのは、具体性。

自分が具体的に、リードした終盤で何がしたいのかを明確にしておきましょう。

ネットプレーを入れるのか、序盤で見せていない手を使うのか。

いずれにせよ、相手に何かを期待して「意図の無いプレー」になるのが一番危険。

逆転されるのって、大抵はこんなとき。

試合を締める、勝ち切る癖を養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

    試合になるとラケットを振れない、サーブを置きにいってしまう・・・という…

  5. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対峙す…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している

    試合で緊張しない人、いないと思います。でも、その雰囲気って・・…

特集記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  2. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る…
  3. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
  4. テニス ストローク

    その他

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、「後衛の頑張りをしっかりポイントに結びつける」…
PAGE TOP