テニス リターン

リターン

「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

試合において、リターンは重要。

これが入らないと、ラリーに持ち込めずに淡泊な試合になってしまいます。

リターンに苦手意識がある人は、ストロークとの違いを意識し過ぎて特殊なフォームになっているかも知れません。

今一度、基本となる部分を見直してみませんか?

 

「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

 


 

■リターンでもストロークの基本は変わらない

特別な意識は必要ありません。

むしろサービスライン手前に入る、浅いストロークくらいに思っておくと攻撃的になれるでしょう。

共通する基本は、横向きでしっかり縦回転をかけること。

スピン、またはスライスを予めしっかり決めて返球のイメージを固めてからポジションに入るようにしましょう。

 

■縦回転のスピンが基本、ストローク時よりもよりコンパクトに

リターンではテイクバックは小さ目になるので、スィングというよりは最後の手首で「クイッ」と持ち上げるようなイメージがお勧め。

相手の力を利用すれば、これで充分に回転がかかってコートに収まります。

よくフラットなイメージが先行している方がいますが、それは上級者であってもリスクが高い。

時に見せ球として使うのは有効ですが、ベースはシングルスもダブルスも、スピン回転のリターンになります。

 

■打点を前に取って足から入れば、しっかりボールを抑えることができる

ボールを待って打つと、リターンは上手くいきません。

ライジングショットで打てるように、しっかり前に踏み込みましょう

その為にはステップでしっかりコートの中に入っていくこと。

しっかり打点を前に取る為に、横を向きつつとにかく速くラケットを準備しましょう。

フォアかバックかの判断の速さが、結局はリターンの出来を大きく左右します。

 

リターンのポジション、思い切って2歩程度前に取りましょう。

それだけで、準備を速くする癖が付きますし、フォームもコンパクトになります。

「前で取ろうとすると、よりふかしてしまうんじゃ・・・」と不安になる方も、ご安心を。

最後の横向きで、しっかりスピン回転をかけることを意識すれば、きっと大丈夫です!

ぜひ試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

    テニスの試合で厄介なモノ・・・たくさんありますが、右利きの方で左利きの…

  3. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!

    試合でリターンに立っている時、相手がサーブをフォルトする。これ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

    リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。もちろん、安定感が…

  5. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

特集記事

  1. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?
  2. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集
  4. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注…
PAGE TOP