その他

Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

テニスの試合では、珍しい風景では無い「痙攣」という現象。

自分もそうですが、相手も痙攣し始めると、どこか試合をやり辛い・・・と感じること、ありますよね。

それでも勝つ為には、乗り越えなければなりません。

 

Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

 


 

■試合中に相手が痙攣して、アナタが何かを変える必要は無い

基本的に、試合の中でやることは変わりません。

しっかり攻撃と守備を行うこと。

チャンスだと思わないことと、ポイント間の時間が長くなるようであればロービングアンパイアを呼ぶ。

メンタル的な隙を見せないよう、「今日は暑いし、痙攣もあるかもな・・・」くらいの、心構えが必要です。

 

■ドロップショットが打てないと泥沼にはまる

痙攣したら、前にダッシュするのが難しい。

自分が痙攣したことがある人は、理解できると思います。

だからこそ、ドロップショットを打てるように日々練習が必要です。

下手に相手のいるところに打つと、相手は吹っ切れて思い切りエースを獲りにくる可能性も有り危険です。

 

■痙攣は、「テニスの試合では当たり前の現象」であり、乗り越える試合の中の一部

プロテニス選手でも、痙攣に泣かされた選手は多い。

疲労に水分不足、緊張・・・色々な要素が、そこには背景としてあります。

テニスの中では、それも一部。

相手に対して同情するのであれば、むしろ攻めきってしっかり試合を終わらせること。

早くと意識すると、何かが狂い始めます。

 

トーナメントを勝ち上がるには、何が起きても動揺してはいけません。

自分も相手も、痙攣なんて可愛いもの。

日常茶飯事くらいの構えをしておきましょう。

同時に、アナタ自身がそうなったとき、冷静に対応できますか?

その場面も想定して、どんなプレーが出来るか考えておくことをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

    日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。…

  2. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと

    ふと、私も自分のテニスノートを見返してみました。そうすると、過…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

    テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要な…

  4. その他

    相手の声に、惑わされるな

    テニスの試合に出ていると、とにかく色々な人がいます。男女、年齢…

  5. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

  6. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!

    昨日にて発表された、来月のデビスカップ初戦の日本代表メンバー。…

特集記事

  1. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう
  4. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
  5. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
PAGE TOP