その他

Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

テニスの試合では、珍しい風景では無い「痙攣」という現象。

自分もそうですが、相手も痙攣し始めると、どこか試合をやり辛い・・・と感じること、ありますよね。

それでも勝つ為には、乗り越えなければなりません。

 

Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

 


 

■試合中に相手が痙攣して、アナタが何かを変える必要は無い

基本的に、試合の中でやることは変わりません。

しっかり攻撃と守備を行うこと。

チャンスだと思わないことと、ポイント間の時間が長くなるようであればロービングアンパイアを呼ぶ。

メンタル的な隙を見せないよう、「今日は暑いし、痙攣もあるかもな・・・」くらいの、心構えが必要です。

 

■ドロップショットが打てないと泥沼にはまる

痙攣したら、前にダッシュするのが難しい。

自分が痙攣したことがある人は、理解できると思います。

だからこそ、ドロップショットを打てるように日々練習が必要です。

下手に相手のいるところに打つと、相手は吹っ切れて思い切りエースを獲りにくる可能性も有り危険です。

 

■痙攣は、「テニスの試合では当たり前の現象」であり、乗り越える試合の中の一部

プロテニス選手でも、痙攣に泣かされた選手は多い。

疲労に水分不足、緊張・・・色々な要素が、そこには背景としてあります。

テニスの中では、それも一部。

相手に対して同情するのであれば、むしろ攻めきってしっかり試合を終わらせること。

早くと意識すると、何かが狂い始めます。

 

トーナメントを勝ち上がるには、何が起きても動揺してはいけません。

自分も相手も、痙攣なんて可愛いもの。

日常茶飯事くらいの構えをしておきましょう。

同時に、アナタ自身がそうなったとき、冷静に対応できますか?

その場面も想定して、どんなプレーが出来るか考えておくことをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方

    俺が現役で選手をやっている頃、周りの選手はシングルスで何とか結果を出そ…

  2. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  3. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

    大会で、勝ち進んでいくということ。みなさんにとって、これは目指…

  4. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

    テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。疲労回復が…

  5. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

  6. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
  2. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  3. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  4. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる
  5. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
PAGE TOP