テニス 攻撃

シングルス

テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のいない場所」にボールを運ぶスポーツ。

とはいえ、相手のレベルも上がれば良いポジションでカバーし、なかなかオープンスペースができ辛くなってきます。

必要なのは、相手を動かす意識とコートを分割する発想です。

 

テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

 


 

■コートを4分割にしたときに、対戦相手はどこにいる?

まずは、コートをシンプルに4つに分割してみましょう。

前の左右、後ろの左右で4つに分ける。

相手がどこに立っているのか、自分はどこのコースに打てば有効なのかを考えてみましょう。

初中級者の方でもシンプルに、ラリーの中でこの相手ポジションの把握は自然にできるように、意識してみて下さい。

 

■チャンスでは3歩相手を動かして、ゾーンを移動させよう!

自分がある程度狙える、コントロールできるボールが来たら、相手を3歩以上動かしてエリアを移動させましょう。

この「3歩」というのがポイントで、1歩や2歩では足りません。

3歩以上動くと、相手は「振られてるな・・・」と感じてくれる。

そしてエリアを移動することで、またエリアが空いて打てるコースも拡がります。

 

■移動して崩れるパターンを見つけると、シングルスの試合は勝ったようなもの

エリアの移動には、その人の特徴が現れます。

前に動くと、途端にミスが増える、自信が無さそうに打つ人。

または前から後ろ、が弱いなど、初中級の選手は特に特徴が出やすいです。

アナタ自身も、苦手な「移動エリア」ができないように注意しましょう。

 

■エリアを移動させていくと、相手が意識して警戒してくる

テニスの試合、配球では、相手に「自分の作戦」を意識させることが重要です。

これは、勘違いされますが相手にばれても良いんです。

むしろ、どんな作戦で何がしたいか分からない人は、試合で勝てません。

相手が警戒してこそ、また別な部分に隙が出来てくるのです。

 

よく実戦であるパターンが、「バックハンド側に集めておいて、フォア側で展開して決める」というパターン。

これも、相手にしっかり意識させてからエリアを移動させることで、ポイントに繋がりやすい。

前のショット、つまりはドロップ系が使えると、対角線でエリアを移動させることができますね。

自分で得意な配球・移動させるパターンを、いくつか作ってシングルスの試合に挑みましょう!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  2. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い

    シングルスの試合で、ただ弱く返して来るようなタイプの選手。嫌で…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  4. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?

    「あ、今のコースは違ったな・・・」と、感じる機会、ありますよね。…

  5. テニス ストローク
  6. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る
  2. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠
  3. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝て…
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる
PAGE TOP