テニス サーブ

スマッシュ

「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはありますか?

一般の試合でも、上の大会にいけば試合前はプロ選手の試合と同じ5分間アップが行われます。

その中で、スマッシュをロブで返球するスマッシュ側の練習がありますが、アナタはこの「受け」をしっかりプレーできますか?

 

「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

 

■テニスの大きな大会の上位の試合では、5分間アップが当たり前

試合前のアップはサービスのみ、のケースが多いと思いますが、公式の大会では別。

初戦から3分、または5分のウォーミングアップが可能な場合があります。

これを想定して、しっかり心と技術の準備をしておかなければいけません。

特にスマッシュをロブであげる技術には、コツと経験がいります。

 

■自信が無いと試合前からメンタルが折れてしまい、スタートダッシュできない

ウォーミングアップで波に乗れないと、大事な試合の序盤に気分が乗っていきません。

「ロブ上げるの苦手だな・・・」というのが相手にばれてしまう可能性もあるでしょう。

相手のスマッシュがあさっての方向に飛んでばかりであればラリーになりませんが、上手い相手はしっかり打ち込んできます。

心理戦で上手を取られないよう、浅過ぎず深すぎないロブを上げる技術は磨かなければなりません。

 

■コツはスライス回転と、ラケットを上から入って抑え込む動き

スライス回転をしっかりかけることで、ロブの軌道は安定します。

ストロークよりもボレーのグリップに持ち替えて、しっかりラケットヘッドを立てて上から抑え込むことを意識しましょう。

身体を横向きに作れば、打点も顔に残ってインパクトが安定します。

普段の練習の中で、このスマッシュとロブのラリーはしっかり行うようにしてください。

 

■普段の練習から取り入れたいメニューとは?

ストレートの1対1のラリーをまず3往復。

その後はどちらが仕掛けてもOK,というようなポイント練習をしましょう。

最初の3往復は、しっかりお互いが確実に入るショットで調整すること。

この練習を積んでおくと、実際の試合でネットに出たときにも、確実に入るスマッシュを打てる自信が付き、またロブの感性も磨かれます。

学生の皆さんには、「ちょっとおじさん臭い練習だな・・・」と感じるかも知れませんが、それはアナタに苦手意識がある証拠。

しっかり練習しておきましょう。

 

ロブは上げれば上げるだけ、上手くなります。

試合では「パッシングショットで抜きたい!」と思う方も多いと思いますが、騙されたと思ってロブも打ってみて下さい。

対戦相手に「上」を意識させるだけで、よりアナタのパッシングショットも活きるはずです。

ウォーミングアップが、実は良い練習にもなり得る。

ぜひ、普段から意識してみて下さい。

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  2. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信がある…

  3. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  5. テニス ボレー
  6. スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?
  2. テニス 部活

    その他

    テニスの試合で「自分自身の失敗を活かす」為に必要な、意識改革とは?
  3. その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう
  4. スマッシュ

    ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブ…
  5. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
PAGE TOP